The Routine Linen

日常のリネン

“Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

   

Gunnai-Jima Linen

郡内縞リネン

   

Now, we would like to introduce Gunnai-Jima Linen. This series was inspired by silk fabrics woven in the Gunnai region of Yamanashi Prefecture in the Edo period (1603-1868), and Gunnai-Jima linen is made from the fabric woven using colors that fit in with modern life, while retaining the appearance of those days. The fabrics made with respect for the craftsmen of the time are the greatest appeal of this series. 

さて、今回は郡内縞リネンのご紹介です。このシリーズは江戸時代に山梨県の郡内地方で織られていた絹織物に着想を得て、当時の面影を残しつつ、現代の生活に馴染む色使いと織り方で織ったリネン製品となっています。当時の職人をリスペクトして作った生地が最大の魅力です。 

   

     

   

   

郡内とは

What is Gunnai?

   

Yamanashi Prefecture is sometimes roughly divided into two regions. One is the area around the Kofu Basin, called Kuninaka, and the other is the area north of Mt.Fuji, called Gunnai. It is composed of 12 municipalities. Uenohara City, Kosuge Village, Tabayama Village, Otsuki City, Doshi Village, Tsuru City, Nishikatsura Town, Oshino Village, Yamanaka Lake Village, Fujiyoshida City, Fuji Kawaguchiko Town, and Narusawa Village.

山梨県はざっくりと2つの地域に分けて呼ばれる場合があります。一つは、甲府盆地を中心としたその周辺地域で”国中”(くになか)と呼ばれる地域、もう一つは、富士山の北側に広がる地域で”郡内”(ぐんない)と呼ばれます。 

市町村の名前で言うと、東京に近い方から、上野原市・小菅村・丹波山村・大月市・道志村・都留市・西桂町・忍野村・山中湖村・富士吉田市・富士河口湖町・鳴沢村の12市町村となります。  

 

 

Mt.Fuji from Fujiyoshida City, the central city of the Gunnai region (Arakurayama Sengen Park).
郡内地域の中心都市、富士吉田市から望む富士山(新倉山浅間公園)

      

And this name "Gunnai" was associated with one of the vassals of the warloard Shingen Takeda in the 16th century of Japan.

そして、この郡内という呼び名は、あの武田信玄の家臣の一人にゆかりあるものだったのです。

Takeda 24 Generals" (Collection of Takeda Shrine, Kofu City, Yamanashi Prefecture)
「武田二十四将」(山梨県甲府市、武田神社蔵 )

   

One of Takeda's vassals was a man named Oyamada Nobushige. The ancestors of  Oyamada clan were a powerful family based in present-day Tsuru City. They also had frequent clashes with the Takeda clan. Therefore, in opposition to "Kuninaka" around the Kofu Basin, which was the Takeda clan's territory, the name "Gunnai" was first used to refer to the Oyamada clan's territory.

武田の家臣に小山田信茂という人がいました。この小山田氏の先祖は現在の都留市を拠点にしていた豪族でした。また、武田氏とも度々衝突をしていたそうです。そこで、武田氏の領地である甲府盆地周辺の「国中」に対抗して、「我が領地を指して郡内」といったのが始まりのようです。

 

From then on, this area came to be called "Gunnai".

これ以降、この地域は”郡内”と呼ばれています。

 

  

Iwatono Castle in Otsuki City was a key castle of the Oyamada clan and is said to be one of the three best castles in the Kanto region.

大月市にある岩殿城(いわとのじょう)は小山田氏の要害城で、関東三名城の一つと言われているのだとか。

   

After the death of Shingen, Oyamada Nobushige defected to Takeda Katsuyori ( Shingen's son ), but after the fall of the Takeda family, he was destroyed by the combined forces of Nobunaga and Ieyasu for his disloyalty to Takeda.  

信玄亡き後、小山田信茂は武田勝頼の元を離反しますが、武田家滅亡後、信長・家康の連合軍に武田への不義を理由に滅ぼされてしまいました。

This region was then ruled by Nagamasa Asai, a vassal of Hideyoshi Toyotomi, and Nagamasa's vassals became lords and built Katsuyama Castle in Yamura, Tsuru City. (According to recent research, the Oyamada clan had already begun construction of this castle as a strategic castle during the Sengoku period.)

そして郡内の地は、豊臣秀吉家臣の浅井長政の支配となり、長政家臣が領主となって、都留市谷村に勝山城を築きます。(近年の研究では、戦国期に小山田氏が要害城として既に築城を開始していたとも言われています。)

  

Katsuyama Castle was located on a mountain called Oshiroyama, on the opposite bank of the Katsura River from Yamura Station on the Fujikyu Railway.

勝山城は富士急行線谷村駅の桂川対岸にあるお城山と呼ばれる山にありました。

    

In the Tokugawa era, the Torii clan established the Yamura clan and entered this castle. The Akimoto clan followed. The promotion of silk fabrics by the Akimoto clan had a great impact on the development of textiles in this area.

徳川の世になり、鳥居氏が谷村藩を立藩し、この城に入りました。続いて秋元氏が入封しました。この秋元氏が絹織物を振興したことが、この地域の織物の発展に大きな影響を与えました。 

  

Yasutomo Akimoto, who became lord of the Yamura domain after being transferred from Jyoshu Ueno Soja (Gunma Prefecture). 
上州上野総社(群馬県)から国替えで谷村藩主となった秋元泰朝

   

  

      

Gunnai-Hira

郡内平

 

If Yasutomo Akimoto had not come to the Gunnai region, the history of textiles in this area might have been different. This is because the Akimoto family encouraged its vassals to produce silk fabrics as an inside job.

秋元泰朝が郡内に来なかったら、この地域の織物の歴史も違っていたかもしれません。なぜなら、この秋元家、家臣に絹織物の生産を内職として奨励していたというのです。

image
イメージ画像

At that time, vassals of small clans such as the Yamura clan often supplemented their income by moonlighting. Therefore, Akimoto's vassals wove silk fabrics for summer hakama. This textile was "Gunnai-Hira". Beginning with the first generation Yasumoto, and continuing with his son and grandson for three generations of 72 years, this Gunnai-Hira weaving technique was transplanted to the farming villages of Gunnai.

当時、谷村藩のような小藩の家臣は内職することが多かったようです。そこで秋元の家臣は夏袴用の絹織物を織りました。この織物が、郡内平(ぐんないひら)です。初代泰朝から始まり、その子、孫と続いた三代72年間を通して、この郡内平の織物技術が、郡内農村に移植されました。

   

Shogun Yoshinobu Tokugawa dressed in Hakama
袴姿の将軍徳川慶喜

The key point is that Gunnai-Hira is "for summer use". If it was to be used in summer, it should have been thin and lightweight. It also needed to be sturdy.

郡内平は”夏用”というところが、ポイントです。夏に使うのであれば、薄くて軽いものが望まれた筈です。さらに、丈夫さも。

To travel around the country like Ryoma Sakamoto, Hakama also needs sturdiness.
坂本竜馬のように全国を飛び回るには丈夫さも必要です。

  

To meet the above conditions, silk was the perfect choice at the time. First of all, silk is ideal for making thin fabrics because it can be made into fine threads. Also, if fine threads are woven at high density, the cloth becomes light and strong.

以上の条件を満たすには、当時は絹がピッタリです。先ず、絹は細い糸が作れますので、薄い織物作りには最適です。また、細い糸を高密度で織れば、軽くて丈夫な布になります。

Silk produces the finest yarn of all natural fibers.
絹は天然繊維の中で最も細い糸が作れる 

  

The techniques for making such fabrics spread throughout the region, and a variety of silk fabrics were produced. It would seem that this is attributable to "Gunnai-Hira".

このような織物を作る技術が、地域に広がり、様々な絹織物が作られるようになっていきました。その礎となったのが、「郡内平」ではなかったでしょうか。

   

  

Gunnai-Jima popular in the Edo period

江戸時代に人気の郡内縞

   

In an Edo period book, "Bankin Sigiwai Bukuro" , it is written, "Silk fabrics made in Koshu Yamura are of good quality."

江戸時代の書物で「萬金産業袋」(ばんきんすぎわいぶくろ)には、”甲州谷村の辺より出るは上品なり” と記されているそうです。

An old Book said to have been written in the Edo period.
著者:三宅也来[他] 享保17年(1732年)国立国会図書館蔵

  

  

A variety of elegant silk fabrics were woven in Yamura, the castle town of the Yamura clan. One of them was called Gunnai-Jima. Jima means stripes. This Gunnai-Jima was very popular among the merchants of Kamigata (Kyoto and Osaka), the center of Genroku culture. The fact that it appears in numerous works by cultural figures representing the Genroku period is proof of this.

谷村藩の城下町谷村で織られた上品な絹織物の数々。 その中に、郡内嶋というのがありました。嶋は縞のことです。この郡内縞は元禄文化の発信地、上方(京都、大阪)の町人に、大変好まれたそうです。元禄を代表する文化人達の作品中に数多く登場するのがその証でしょう。

       

  

Ihara Saikaku 「 Koshoku Ichidai Otoko 」(1682)

"...I went to the bathhouse to do a thing with you, as my heart desired, but Yoshi found me, and I promised her a 'Gunnai-Jima' for his grief and various other reasons..." 

井原西鶴「好色一代男」(1682)

”・・・湯殿にかけこみ、こころのせくままにちよと物して出る所を、よしに見付けられて、悲しや様々きちがため、「郡内縞」のおもてを約束するこそきのどくなれ・・・

 

 

Chikamatsu Monzaemon 「 Shinju Yoi Goshin 」(1722)

"On the sixth day of the sixth month of April, a carpet is laid on the grass in the morning dew. The name of the deceased is still missing on the carpet. The age is 39, "Gunnai-Jima", stained with blood and red. On the clothes..."

近松門左衛門「心中宵庚申」(しんじゅうよいごうしん)(1722)

・・・卯月六日の朝露の草には置かで毛氈(もうせん)の。上になき名をとどめたり。歳は三九の「郡内島」血潮に染みて紅の。衣服に・・・

  

Jyuppennsha Ikku ( 1765-1831 )

十辺舎一九(1765-1831)

Even after the Genroku era, Gunnai-Jima continued to gain popularity. The late-Edo Bunka-Bunsei period playwright Jyuppennsha Ikku's "Provinces on the Road: Golden Sandals," Part XII - Minobu Douchu no Ki, contains the following Japanese poetry.

"I came to the famous Gunnai-Jima production area. A spring haze like a chambray silk fabric spread out is visible"

元禄を過ぎてからも、引き続き、郡内縞は人気を博しました。江戸後期文化文政時代の戯作者、十辺舎一九の「諸国道中金の草鞋」第十二編~身延道中之記にはこんな狂歌が残っています。

” 名にし負う 郡内縞の名どころに かすみの絹を 引きはゆる春 ”

 

     

    

From Gunnai-Jima to striped Kaiki

郡内縞から縞甲斐絹へ 

    

What kind of fabric was the Gunnai-Jima that became so popular? Unfortunately, there are no actual examples left. What is known is that it was used as the outer fabric of kimono. In the time that followed, silk fabric called "Kaiki" woven in the Gunnai region was used for the lining of Haori, so Gunnai-Jima is thought to have had a different texture from this. However, it is believed that the design characteristics of Gunnai-Jima were inherited to Kaiki.

これほどまでに人気を博した郡内縞とは一体どのような織物だったのか。残念ながら実物が残っていません。わかっているのは着物の表生地だったということです。後年、甲斐絹(かいき)と呼ばれた絹織物は羽織の裏地用ですので、これとは、地風など違っていたと思われます。ただ、そのデザイン性などは、甲斐絹に受け継がれたと考えられています。

  

So, by showing you one group of Kaiki, we will try to let you know what kind of fabric Gunnai-Jima was. 

そこで、甲斐絹の中でも縞甲斐絹と呼ばれる一群がどのような織物であったかを見てみて、郡内縞を想像してみようと思います。

Here, please note that the following materials are from the Meiji to Taisho periods, and the dyes are considered to be different from those of the Edo period, so the colors should be viewed as reference only. 

ここで、注意していただきたいのは、以下の資料は明治~大正期のもので、染料も江戸時代とは異なっていると考えられるので、色も参考として見ていただきたいと思います。   

  

 

   

Gunnai-Jima Linen is the modern reincarnation of Gunnai-Jima Silk Fabric.

郡内縞の再来、郡内縞リネン

   

So, what did you think? 

さあ、どうでしたでしょうか?

We can imagine the perseverance of the craftsmen of that time. Even when there was no electricity, they were making such intricate textiles only by hand.

現在のように電気も無い時代に、手作業だけでこれほど緻密な織物を作っていたかと思うと、当時の職人たちの根気強さが忍ばれます。

We are moved by the fact that there used to be people who made textiles that were loved by people in our region, and we decided to pay homage to Gunnai-Jima Silk. And we would like to make linen that is loved like it.

テンジンファクトリーでは、当産地に昔こんなにも人に愛された織物を作る人たちが存在していたという事実に心を動かされ、我々も人々に愛されるリネンを作りたいと思い、郡内縞をオマージュすることにしました。

 

Gunnai-jima Linen that we made.
郡内縞をオマージュしたリネンのキッチンクロス

   

  

Finally, a piece of linen in the daily routine.
それでは最後に日常のリネンの一コマ。
    
   
   
   
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's " Gunnai-jima Linen " will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
  
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「郡内縞シリーズ」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらから。
   
   
   
Read more

“Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

   

Gunnai-Jima Linen

郡内縞リネン

   

Now, we would like to introduce Gunnai-Jima Linen. This series was inspired by silk fabrics woven in the Gunnai region of Yamanashi Prefecture in the Edo period (1603-1868), and Gunnai-Jima linen is made from the fabric woven using colors that fit in with modern life, while retaining the appearance of those days. The fabrics made with respect for the craftsmen of the time are the greatest appeal of this series. 

さて、今回は郡内縞リネンのご紹介です。このシリーズは江戸時代に山梨県の郡内地方で織られていた絹織物に着想を得て、当時の面影を残しつつ、現代の生活に馴染む色使いと織り方で織ったリネン製品となっています。当時の職人をリスペクトして作った生地が最大の魅力です。 

   

     

   

   

郡内とは

What is Gunnai?

   

Yamanashi Prefecture is sometimes roughly divided into two regions. One is the area around the Kofu Basin, called Kuninaka, and the other is the area north of Mt.Fuji, called Gunnai. It is composed of 12 municipalities. Uenohara City, Kosuge Village, Tabayama Village, Otsuki City, Doshi Village, Tsuru City, Nishikatsura Town, Oshino Village, Yamanaka Lake Village, Fujiyoshida City, Fuji Kawaguchiko Town, and Narusawa Village.

山梨県はざっくりと2つの地域に分けて呼ばれる場合があります。一つは、甲府盆地を中心としたその周辺地域で”国中”(くになか)と呼ばれる地域、もう一つは、富士山の北側に広がる地域で”郡内”(ぐんない)と呼ばれます。 

市町村の名前で言うと、東京に近い方から、上野原市・小菅村・丹波山村・大月市・道志村・都留市・西桂町・忍野村・山中湖村・富士吉田市・富士河口湖町・鳴沢村の12市町村となります。  

 

 

Mt.Fuji from Fujiyoshida City, the central city of the Gunnai region (Arakurayama Sengen Park).
郡内地域の中心都市、富士吉田市から望む富士山(新倉山浅間公園)

      

And this name "Gunnai" was associated with one of the vassals of the warloard Shingen Takeda in the 16th century of Japan.

そして、この郡内という呼び名は、あの武田信玄の家臣の一人にゆかりあるものだったのです。

Takeda 24 Generals" (Collection of Takeda Shrine, Kofu City, Yamanashi Prefecture)
「武田二十四将」(山梨県甲府市、武田神社蔵 )

   

One of Takeda's vassals was a man named Oyamada Nobushige. The ancestors of  Oyamada clan were a powerful family based in present-day Tsuru City. They also had frequent clashes with the Takeda clan. Therefore, in opposition to "Kuninaka" around the Kofu Basin, which was the Takeda clan's territory, the name "Gunnai" was first used to refer to the Oyamada clan's territory.

武田の家臣に小山田信茂という人がいました。この小山田氏の先祖は現在の都留市を拠点にしていた豪族でした。また、武田氏とも度々衝突をしていたそうです。そこで、武田氏の領地である甲府盆地周辺の「国中」に対抗して、「我が領地を指して郡内」といったのが始まりのようです。

 

From then on, this area came to be called "Gunnai".

これ以降、この地域は”郡内”と呼ばれています。

 

  

Iwatono Castle in Otsuki City was a key castle of the Oyamada clan and is said to be one of the three best castles in the Kanto region.

大月市にある岩殿城(いわとのじょう)は小山田氏の要害城で、関東三名城の一つと言われているのだとか。

   

After the death of Shingen, Oyamada Nobushige defected to Takeda Katsuyori ( Shingen's son ), but after the fall of the Takeda family, he was destroyed by the combined forces of Nobunaga and Ieyasu for his disloyalty to Takeda.  

信玄亡き後、小山田信茂は武田勝頼の元を離反しますが、武田家滅亡後、信長・家康の連合軍に武田への不義を理由に滅ぼされてしまいました。

This region was then ruled by Nagamasa Asai, a vassal of Hideyoshi Toyotomi, and Nagamasa's vassals became lords and built Katsuyama Castle in Yamura, Tsuru City. (According to recent research, the Oyamada clan had already begun construction of this castle as a strategic castle during the Sengoku period.)

そして郡内の地は、豊臣秀吉家臣の浅井長政の支配となり、長政家臣が領主となって、都留市谷村に勝山城を築きます。(近年の研究では、戦国期に小山田氏が要害城として既に築城を開始していたとも言われています。)

  

Katsuyama Castle was located on a mountain called Oshiroyama, on the opposite bank of the Katsura River from Yamura Station on the Fujikyu Railway.

勝山城は富士急行線谷村駅の桂川対岸にあるお城山と呼ばれる山にありました。

    

In the Tokugawa era, the Torii clan established the Yamura clan and entered this castle. The Akimoto clan followed. The promotion of silk fabrics by the Akimoto clan had a great impact on the development of textiles in this area.

徳川の世になり、鳥居氏が谷村藩を立藩し、この城に入りました。続いて秋元氏が入封しました。この秋元氏が絹織物を振興したことが、この地域の織物の発展に大きな影響を与えました。 

  

Yasutomo Akimoto, who became lord of the Yamura domain after being transferred from Jyoshu Ueno Soja (Gunma Prefecture). 
上州上野総社(群馬県)から国替えで谷村藩主となった秋元泰朝

   

  

      

Gunnai-Hira

郡内平

 

If Yasutomo Akimoto had not come to the Gunnai region, the history of textiles in this area might have been different. This is because the Akimoto family encouraged its vassals to produce silk fabrics as an inside job.

秋元泰朝が郡内に来なかったら、この地域の織物の歴史も違っていたかもしれません。なぜなら、この秋元家、家臣に絹織物の生産を内職として奨励していたというのです。

image
イメージ画像

At that time, vassals of small clans such as the Yamura clan often supplemented their income by moonlighting. Therefore, Akimoto's vassals wove silk fabrics for summer hakama. This textile was "Gunnai-Hira". Beginning with the first generation Yasumoto, and continuing with his son and grandson for three generations of 72 years, this Gunnai-Hira weaving technique was transplanted to the farming villages of Gunnai.

当時、谷村藩のような小藩の家臣は内職することが多かったようです。そこで秋元の家臣は夏袴用の絹織物を織りました。この織物が、郡内平(ぐんないひら)です。初代泰朝から始まり、その子、孫と続いた三代72年間を通して、この郡内平の織物技術が、郡内農村に移植されました。

   

Shogun Yoshinobu Tokugawa dressed in Hakama
袴姿の将軍徳川慶喜

The key point is that Gunnai-Hira is "for summer use". If it was to be used in summer, it should have been thin and lightweight. It also needed to be sturdy.

郡内平は”夏用”というところが、ポイントです。夏に使うのであれば、薄くて軽いものが望まれた筈です。さらに、丈夫さも。

To travel around the country like Ryoma Sakamoto, Hakama also needs sturdiness.
坂本竜馬のように全国を飛び回るには丈夫さも必要です。

  

To meet the above conditions, silk was the perfect choice at the time. First of all, silk is ideal for making thin fabrics because it can be made into fine threads. Also, if fine threads are woven at high density, the cloth becomes light and strong.

以上の条件を満たすには、当時は絹がピッタリです。先ず、絹は細い糸が作れますので、薄い織物作りには最適です。また、細い糸を高密度で織れば、軽くて丈夫な布になります。

Silk produces the finest yarn of all natural fibers.
絹は天然繊維の中で最も細い糸が作れる 

  

The techniques for making such fabrics spread throughout the region, and a variety of silk fabrics were produced. It would seem that this is attributable to "Gunnai-Hira".

このような織物を作る技術が、地域に広がり、様々な絹織物が作られるようになっていきました。その礎となったのが、「郡内平」ではなかったでしょうか。

   

  

Gunnai-Jima popular in the Edo period

江戸時代に人気の郡内縞

   

In an Edo period book, "Bankin Sigiwai Bukuro" , it is written, "Silk fabrics made in Koshu Yamura are of good quality."

江戸時代の書物で「萬金産業袋」(ばんきんすぎわいぶくろ)には、”甲州谷村の辺より出るは上品なり” と記されているそうです。

An old Book said to have been written in the Edo period.
著者:三宅也来[他] 享保17年(1732年)国立国会図書館蔵

  

  

A variety of elegant silk fabrics were woven in Yamura, the castle town of the Yamura clan. One of them was called Gunnai-Jima. Jima means stripes. This Gunnai-Jima was very popular among the merchants of Kamigata (Kyoto and Osaka), the center of Genroku culture. The fact that it appears in numerous works by cultural figures representing the Genroku period is proof of this.

谷村藩の城下町谷村で織られた上品な絹織物の数々。 その中に、郡内嶋というのがありました。嶋は縞のことです。この郡内縞は元禄文化の発信地、上方(京都、大阪)の町人に、大変好まれたそうです。元禄を代表する文化人達の作品中に数多く登場するのがその証でしょう。

       

  

Ihara Saikaku 「 Koshoku Ichidai Otoko 」(1682)

"...I went to the bathhouse to do a thing with you, as my heart desired, but Yoshi found me, and I promised her a 'Gunnai-Jima' for his grief and various other reasons..." 

井原西鶴「好色一代男」(1682)

”・・・湯殿にかけこみ、こころのせくままにちよと物して出る所を、よしに見付けられて、悲しや様々きちがため、「郡内縞」のおもてを約束するこそきのどくなれ・・・

 

 

Chikamatsu Monzaemon 「 Shinju Yoi Goshin 」(1722)

"On the sixth day of the sixth month of April, a carpet is laid on the grass in the morning dew. The name of the deceased is still missing on the carpet. The age is 39, "Gunnai-Jima", stained with blood and red. On the clothes..."

近松門左衛門「心中宵庚申」(しんじゅうよいごうしん)(1722)

・・・卯月六日の朝露の草には置かで毛氈(もうせん)の。上になき名をとどめたり。歳は三九の「郡内島」血潮に染みて紅の。衣服に・・・

  

Jyuppennsha Ikku ( 1765-1831 )

十辺舎一九(1765-1831)

Even after the Genroku era, Gunnai-Jima continued to gain popularity. The late-Edo Bunka-Bunsei period playwright Jyuppennsha Ikku's "Provinces on the Road: Golden Sandals," Part XII - Minobu Douchu no Ki, contains the following Japanese poetry.

"I came to the famous Gunnai-Jima production area. A spring haze like a chambray silk fabric spread out is visible"

元禄を過ぎてからも、引き続き、郡内縞は人気を博しました。江戸後期文化文政時代の戯作者、十辺舎一九の「諸国道中金の草鞋」第十二編~身延道中之記にはこんな狂歌が残っています。

” 名にし負う 郡内縞の名どころに かすみの絹を 引きはゆる春 ”

 

     

    

From Gunnai-Jima to striped Kaiki

郡内縞から縞甲斐絹へ 

    

What kind of fabric was the Gunnai-Jima that became so popular? Unfortunately, there are no actual examples left. What is known is that it was used as the outer fabric of kimono. In the time that followed, silk fabric called "Kaiki" woven in the Gunnai region was used for the lining of Haori, so Gunnai-Jima is thought to have had a different texture from this. However, it is believed that the design characteristics of Gunnai-Jima were inherited to Kaiki.

これほどまでに人気を博した郡内縞とは一体どのような織物だったのか。残念ながら実物が残っていません。わかっているのは着物の表生地だったということです。後年、甲斐絹(かいき)と呼ばれた絹織物は羽織の裏地用ですので、これとは、地風など違っていたと思われます。ただ、そのデザイン性などは、甲斐絹に受け継がれたと考えられています。

  

So, by showing you one group of Kaiki, we will try to let you know what kind of fabric Gunnai-Jima was. 

そこで、甲斐絹の中でも縞甲斐絹と呼ばれる一群がどのような織物であったかを見てみて、郡内縞を想像してみようと思います。

Here, please note that the following materials are from the Meiji to Taisho periods, and the dyes are considered to be different from those of the Edo period, so the colors should be viewed as reference only. 

ここで、注意していただきたいのは、以下の資料は明治~大正期のもので、染料も江戸時代とは異なっていると考えられるので、色も参考として見ていただきたいと思います。   

  

 

   

Gunnai-Jima Linen is the modern reincarnation of Gunnai-Jima Silk Fabric.

郡内縞の再来、郡内縞リネン

   

So, what did you think? 

さあ、どうでしたでしょうか?

We can imagine the perseverance of the craftsmen of that time. Even when there was no electricity, they were making such intricate textiles only by hand.

現在のように電気も無い時代に、手作業だけでこれほど緻密な織物を作っていたかと思うと、当時の職人たちの根気強さが忍ばれます。

We are moved by the fact that there used to be people who made textiles that were loved by people in our region, and we decided to pay homage to Gunnai-Jima Silk. And we would like to make linen that is loved like it.

テンジンファクトリーでは、当産地に昔こんなにも人に愛された織物を作る人たちが存在していたという事実に心を動かされ、我々も人々に愛されるリネンを作りたいと思い、郡内縞をオマージュすることにしました。

 

Gunnai-jima Linen that we made.
郡内縞をオマージュしたリネンのキッチンクロス

   

  

Finally, a piece of linen in the daily routine.
それでは最後に日常のリネンの一コマ。
    
   
   
   
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's " Gunnai-jima Linen " will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
  
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「郡内縞シリーズ」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらから。
   
   
   
Read more

“Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

   

THE LINEN SHEETS MADE TO ORDER

カスタムオーダーのリネンシーツ

 Now, we would like to introduce our linen sheets. The most pleasant thing about linen is its texture. It is smooth and does not cling to the skin. I think it is the best material for the sweaty summer season. The secret is derived from the flax plant. 

さて、今回はリネンのシーツをご紹介致します。リネンの気持ち良さは何といってもその肌触り。サラッとしていて肌にまとわりつかないところではないでしょうか。夏場の汗ばむ時期には、最高の素材だと思います。その秘密は、亜麻という植物に由来しています。

This is the flax flower.

これが亜麻の花です。英語ではFlaxフラックスと言います。

https://cdn.shopify.com/videos/c/o/v/0807ada90446488ba20621c9fa695399.mp4

Flax for fiber grows taller than a person's waist length. And it grows straight up to the sky. No wonder it makes beautiful yarn.

繊維用の亜麻は人の腰丈より大きくなります。そして、天に向かって真っすぐ伸びます。綺麗な糸になるのも納得です。

  https://cdn.shopify.com/videos/c/o/v/3ae9c015113145499927749d8f675fb7.mp4

 

THE PLANT YARN

植物の糸    

Linen yarn is made from the fiber inside the stem of this plant. Because it is located inside the stem, the outer bark of the stem must first be removed. Since this cannot be done by our hands, the harvested flax is laid down in the field and allowed to decompose by bacteria and fungi to extract the fiber from within.

リネンはこの植物の靭皮(ジンピ)を糸にしたものです。 靭皮は茎の表皮の内側の組織で通常は繊維と呼ばれる部分です。茎の内側にあるので、先ず、茎の表皮を取り除かなければなりません。人間の手作業ではどうにもならないので、自然界の力を借ります。

      

Flax after dew retting

レッティング後の亜麻

  

 

Dew retting is a process in which flax is laid out neatly in the growing area and the epidermis of the stalks is fermented and corroded by morning dew, rain, and microorganisms in the soil. This makes it easier to extract the fiber.

レッティングは亜麻を栽培地に綺麗に並べて朝露や雨、そして土壌中の微生物の力で茎の表皮を発酵腐蝕させる工程です。これによって靭皮が取り出しやすくなります。

  

And this is the bundle of fibers taken out from the stem, which is called sliver.This sliver was imported from Belgium. By the way, the process up to this point is called flax. Therefore, the process after this is called linen.

そして、これが茎から靭皮(繊維)を取り出して束にしたもので、スライバーと言います。ちなみに、このスライバーはベルギーから取り寄せました。また、この状態までをフラックスと言うそうです。したがって、この後の工程からが、リネンという呼称になります。

 

Thus, a plant yarn, linen, is produced.

こうして、植物の糸、リネンが出来ます。

   

    

You can see that the raw color of linen is the color of the dead grass of the plant. The white ones are exposed to it.

リネンの生成りが植物の枯草の色ということがわかります。白いものはそれを晒しているのです。

  

 COEXISTENCE WITH PLANTS

植物との共生

At Tenjin-factory, we make sheets using linen, which is such a plant yarn.

テンジンファクトリーでは、このような植物糸リネンでシーツをお作りしています。

   

 First, let me explain the advantages of textiles made from vegetable yarn linen.

(1) Breathable

(2) Lint-free (Lint : fiber waste or dust)

(3) High water absorbency

(4) High moisture absorbency

(5) Quick-drying 

先ず、植物糸リネンで作る織物のメリットをご説明します。

①通気性がよい
②リントフリーである(Lint : 繊維の屑や埃)
③吸水性が高い
④吸湿性が高い
⑤速乾性がある

   

There are the characteristics of linen sheets below.

以上のことをリネン製のシーツの特徴とするとこうなります。


I. The easy wrinkling of linen sheets allows for better ventilation and quick drying of perspiration during sleep.

II. Dust and debris from linen fibers are known not to cause skin allergies.

III. IV. Absorption of water and moisture makes it cool to the touch.

V. Moisture easily evaporates, and when it does, it takes away heat, making it less susceptible to dampness.

リネンのシーツは、

Ⅰ.シワが出来やすいことで、その分通気性がよくなり、就眠中の汗などをすばやく乾かすことができる。
Ⅱ.リネン繊維の埃や屑は皮膚アレルギーを起こさないことがわっかている。
Ⅲ.Ⅳ.吸水、吸湿した水分によって触れた時にヒンヤリする
Ⅴ.水分を蒸散するのが早く、気化熱となって放熱作用が起こるのでムレない。

  

In other words, linen sheets offer various invisible conveniences to suit the condition of the sleeper.

つまり、寝る人の状態に合わせていろいろと目には見えないところで便宜を図ってくれている、それが、リネンシーツの特徴ではないでしょうか?

  

DETAIL

詳細  

Here is what Tenjin-factory's sheets are like.

ここからはテンジンファクトリーのシーツはどのようなものかをご紹介いたします。

First of all, since it is made to order, it is made according to the thickness of your mattress. We can accommodate various mattress thicknesses.

先ず、セミオーダーなので、マットレスの厚みに合わせてお作りします。敷布団の厚みから様々なマットレスの厚みに対応いたします。

  

Next, select the fabric for the top surface, the part where people actually sleep. This part is easily rubbed by friction with people, and even strong linen can quickly tear and develop holes depending on how it is used.  

次に、トップ面という実際に人が寝る部分の生地を選びます。この部分は、人との摩擦で擦れやすく、丈夫なリネンといえども使い方次第ではすぐに破れて穴が開いてしまいます。  

Therefore, Tenjin-factory used a two-twisted yarn for this part to increase the durability as much as possible, and also increased the density to make it stronger. It is as if strong rugger men were huddled together in a scrum.

そこで、テンジンファクトリーでは、少しでも耐久性を上げるために、この部分に双糸(そうし)という2本撚りの糸を使い、しかも密度を多くして、強度高めました。まるで、屈強なラガーマンが身を寄せ合ってスクラムを組んでいるような状態です。

      

The top surface is selected from the four colors above.

トップ面は上の4色から選びます。

    

Continue by selecting the fabric that covers two side surfaces of the mattress. Since friction is not a concern here,  a thin type of fabric is used. This will also reduce the weight of the mattress.

続けて、サイド面というマットレスの側面にあたる生地を選びます。ここは、摩擦は気にならないので、レギュラータイプの生地を使います。軽量化にもなりますので。

  

Side surfaces are available in the 20 colors listed above.

サイド面は上の20色から選びます。

 Here is the example of combinations. 

組み合わせ例です。 

   

  

So, it is the sewing method that is of concern. In single to double sizes, the top surface is
made from a single piece of fabric. However, for queen and king sizes, the top surface is made from two pieces of fabric sewn together.

そこで、気になる縫い合わせ方ですが、シングル~ダブルサイズは、

トップ面上に縫い目は入りません。サイド面とマットレスの両端で縫い合わせるだけです。 

   

 Single to double sizes are made with a single piece of fabric for the top surface. 

 シングル~ダブルサイズはトップ面は1枚布で作ります。

  

  

   

The top surfaces of the queen and king sizes are two pieces sewn together.

クイーンサイズとキングサイズのトップ面は2枚を縫い合わせます。

We use a sewing method that minimizes the steps.

段差を最小限に小さくする縫い方をしています。

 

All sizes can be made in two types: flat sheets and fitted sheets. 

どのサイズもフラットシーツとボックスシーツの二つのタイプでお作りできます。

     

NOSTALGIC CLOTH

懐かしい布

Finally, we are talking about fabric making. Tenjin-factory is a linen weaving factory, so our focus is on the fabric itself.

最後に、生地作りのことです。テンジンファクトリーはリネンの織物工場が作るリネン製品です。なので、一番のこだわりはそこに使われている生地です。

And our fabrics are woven by shuttle looms. Although they are old-fashioned, the cloth have the same selvedge specifications as antique linen, making it durable and long-lasting.

そして、その生地はシャトル織機で織られています。昔ながらの旧式の織り機ですが、アンティークリネンと同じセルビッチ仕様のこの布は、丈夫で、長く使えるものになります。

The weft is placed in a tool called a shuttle. The shuttle runs through the warp and places the weft. Whenever the weft runs out, it is replenished by hand. It is a joint effort by man and machine.

シャトルという道具に搭載されたヨコ糸。このシャトルがタテ糸の中を走りながらヨコ糸を置いていく。ヨコ糸が無くなると必ず人の手で補充する様子は人馬一体ならぬ、人機一体と言えます。

Both ends of a fabric is called selvage or selvedge. Except for hand weaving, it can only be made by an old-fashioned shuttle loom. The charm of cloth woven by this loom is that it can be woven without putting a load on the threads, resulting in cloth that retains more softness.

セルビッチという織物の両端は、日本語では耳と言います。手織りを除いては、昔ながらのシャトル織機でしか作れません。糸に負荷をかけずに織ることが出来るので、素材の質感をより多く残した布になるのもこの織機で織られた布の魅力です。

   

  

Finally, a piece of linen in the daily routine.
それでは最後に日常のリネンの一コマ。
  
  
  
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's " Custom made linen sheets " will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「リネンシーツ」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    

  

  

Click here for other made to order products. 

その他のカスタムオーダー品はこちらから。 

Comfortercase/かけ布団カバー

Pillow&Cushion Cover/ピローケース&クッションカバー

Linen Curtain/リネンカーテン

 

Read more

“Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

   

THE LINEN SHEETS MADE TO ORDER

カスタムオーダーのリネンシーツ

 Now, we would like to introduce our linen sheets. The most pleasant thing about linen is its texture. It is smooth and does not cling to the skin. I think it is the best material for the sweaty summer season. The secret is derived from the flax plant. 

さて、今回はリネンのシーツをご紹介致します。リネンの気持ち良さは何といってもその肌触り。サラッとしていて肌にまとわりつかないところではないでしょうか。夏場の汗ばむ時期には、最高の素材だと思います。その秘密は、亜麻という植物に由来しています。

This is the flax flower.

これが亜麻の花です。英語ではFlaxフラックスと言います。

https://cdn.shopify.com/videos/c/o/v/0807ada90446488ba20621c9fa695399.mp4

Flax for fiber grows taller than a person's waist length. And it grows straight up to the sky. No wonder it makes beautiful yarn.

繊維用の亜麻は人の腰丈より大きくなります。そして、天に向かって真っすぐ伸びます。綺麗な糸になるのも納得です。

  https://cdn.shopify.com/videos/c/o/v/3ae9c015113145499927749d8f675fb7.mp4

 

THE PLANT YARN

植物の糸    

Linen yarn is made from the fiber inside the stem of this plant. Because it is located inside the stem, the outer bark of the stem must first be removed. Since this cannot be done by our hands, the harvested flax is laid down in the field and allowed to decompose by bacteria and fungi to extract the fiber from within.

リネンはこの植物の靭皮(ジンピ)を糸にしたものです。 靭皮は茎の表皮の内側の組織で通常は繊維と呼ばれる部分です。茎の内側にあるので、先ず、茎の表皮を取り除かなければなりません。人間の手作業ではどうにもならないので、自然界の力を借ります。

      

Flax after dew retting

レッティング後の亜麻

  

 

Dew retting is a process in which flax is laid out neatly in the growing area and the epidermis of the stalks is fermented and corroded by morning dew, rain, and microorganisms in the soil. This makes it easier to extract the fiber.

レッティングは亜麻を栽培地に綺麗に並べて朝露や雨、そして土壌中の微生物の力で茎の表皮を発酵腐蝕させる工程です。これによって靭皮が取り出しやすくなります。

  

And this is the bundle of fibers taken out from the stem, which is called sliver.This sliver was imported from Belgium. By the way, the process up to this point is called flax. Therefore, the process after this is called linen.

そして、これが茎から靭皮(繊維)を取り出して束にしたもので、スライバーと言います。ちなみに、このスライバーはベルギーから取り寄せました。また、この状態までをフラックスと言うそうです。したがって、この後の工程からが、リネンという呼称になります。

 

Thus, a plant yarn, linen, is produced.

こうして、植物の糸、リネンが出来ます。

   

    

You can see that the raw color of linen is the color of the dead grass of the plant. The white ones are exposed to it.

リネンの生成りが植物の枯草の色ということがわかります。白いものはそれを晒しているのです。

  

 COEXISTENCE WITH PLANTS

植物との共生

At Tenjin-factory, we make sheets using linen, which is such a plant yarn.

テンジンファクトリーでは、このような植物糸リネンでシーツをお作りしています。

   

 First, let me explain the advantages of textiles made from vegetable yarn linen.

(1) Breathable

(2) Lint-free (Lint : fiber waste or dust)

(3) High water absorbency

(4) High moisture absorbency

(5) Quick-drying 

先ず、植物糸リネンで作る織物のメリットをご説明します。

①通気性がよい
②リントフリーである(Lint : 繊維の屑や埃)
③吸水性が高い
④吸湿性が高い
⑤速乾性がある

   

There are the characteristics of linen sheets below.

以上のことをリネン製のシーツの特徴とするとこうなります。


I. The easy wrinkling of linen sheets allows for better ventilation and quick drying of perspiration during sleep.

II. Dust and debris from linen fibers are known not to cause skin allergies.

III. IV. Absorption of water and moisture makes it cool to the touch.

V. Moisture easily evaporates, and when it does, it takes away heat, making it less susceptible to dampness.

リネンのシーツは、

Ⅰ.シワが出来やすいことで、その分通気性がよくなり、就眠中の汗などをすばやく乾かすことができる。
Ⅱ.リネン繊維の埃や屑は皮膚アレルギーを起こさないことがわっかている。
Ⅲ.Ⅳ.吸水、吸湿した水分によって触れた時にヒンヤリする
Ⅴ.水分を蒸散するのが早く、気化熱となって放熱作用が起こるのでムレない。

  

In other words, linen sheets offer various invisible conveniences to suit the condition of the sleeper.

つまり、寝る人の状態に合わせていろいろと目には見えないところで便宜を図ってくれている、それが、リネンシーツの特徴ではないでしょうか?

  

DETAIL

詳細  

Here is what Tenjin-factory's sheets are like.

ここからはテンジンファクトリーのシーツはどのようなものかをご紹介いたします。

First of all, since it is made to order, it is made according to the thickness of your mattress. We can accommodate various mattress thicknesses.

先ず、セミオーダーなので、マットレスの厚みに合わせてお作りします。敷布団の厚みから様々なマットレスの厚みに対応いたします。

  

Next, select the fabric for the top surface, the part where people actually sleep. This part is easily rubbed by friction with people, and even strong linen can quickly tear and develop holes depending on how it is used.  

次に、トップ面という実際に人が寝る部分の生地を選びます。この部分は、人との摩擦で擦れやすく、丈夫なリネンといえども使い方次第ではすぐに破れて穴が開いてしまいます。  

Therefore, Tenjin-factory used a two-twisted yarn for this part to increase the durability as much as possible, and also increased the density to make it stronger. It is as if strong rugger men were huddled together in a scrum.

そこで、テンジンファクトリーでは、少しでも耐久性を上げるために、この部分に双糸(そうし)という2本撚りの糸を使い、しかも密度を多くして、強度高めました。まるで、屈強なラガーマンが身を寄せ合ってスクラムを組んでいるような状態です。

      

The top surface is selected from the four colors above.

トップ面は上の4色から選びます。

    

Continue by selecting the fabric that covers two side surfaces of the mattress. Since friction is not a concern here,  a thin type of fabric is used. This will also reduce the weight of the mattress.

続けて、サイド面というマットレスの側面にあたる生地を選びます。ここは、摩擦は気にならないので、レギュラータイプの生地を使います。軽量化にもなりますので。

  

Side surfaces are available in the 20 colors listed above.

サイド面は上の20色から選びます。

 Here is the example of combinations. 

組み合わせ例です。 

   

  

So, it is the sewing method that is of concern. In single to double sizes, the top surface is
made from a single piece of fabric. However, for queen and king sizes, the top surface is made from two pieces of fabric sewn together.

そこで、気になる縫い合わせ方ですが、シングル~ダブルサイズは、

トップ面上に縫い目は入りません。サイド面とマットレスの両端で縫い合わせるだけです。 

   

 Single to double sizes are made with a single piece of fabric for the top surface. 

 シングル~ダブルサイズはトップ面は1枚布で作ります。

  

  

   

The top surfaces of the queen and king sizes are two pieces sewn together.

クイーンサイズとキングサイズのトップ面は2枚を縫い合わせます。

We use a sewing method that minimizes the steps.

段差を最小限に小さくする縫い方をしています。

 

All sizes can be made in two types: flat sheets and fitted sheets. 

どのサイズもフラットシーツとボックスシーツの二つのタイプでお作りできます。

     

NOSTALGIC CLOTH

懐かしい布

Finally, we are talking about fabric making. Tenjin-factory is a linen weaving factory, so our focus is on the fabric itself.

最後に、生地作りのことです。テンジンファクトリーはリネンの織物工場が作るリネン製品です。なので、一番のこだわりはそこに使われている生地です。

And our fabrics are woven by shuttle looms. Although they are old-fashioned, the cloth have the same selvedge specifications as antique linen, making it durable and long-lasting.

そして、その生地はシャトル織機で織られています。昔ながらの旧式の織り機ですが、アンティークリネンと同じセルビッチ仕様のこの布は、丈夫で、長く使えるものになります。

The weft is placed in a tool called a shuttle. The shuttle runs through the warp and places the weft. Whenever the weft runs out, it is replenished by hand. It is a joint effort by man and machine.

シャトルという道具に搭載されたヨコ糸。このシャトルがタテ糸の中を走りながらヨコ糸を置いていく。ヨコ糸が無くなると必ず人の手で補充する様子は人馬一体ならぬ、人機一体と言えます。

Both ends of a fabric is called selvage or selvedge. Except for hand weaving, it can only be made by an old-fashioned shuttle loom. The charm of cloth woven by this loom is that it can be woven without putting a load on the threads, resulting in cloth that retains more softness.

セルビッチという織物の両端は、日本語では耳と言います。手織りを除いては、昔ながらのシャトル織機でしか作れません。糸に負荷をかけずに織ることが出来るので、素材の質感をより多く残した布になるのもこの織機で織られた布の魅力です。

   

  

Finally, a piece of linen in the daily routine.
それでは最後に日常のリネンの一コマ。
  
  
  
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's " Custom made linen sheets " will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「リネンシーツ」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    

  

  

Click here for other made to order products. 

その他のカスタムオーダー品はこちらから。 

Comfortercase/かけ布団カバー

Pillow&Cushion Cover/ピローケース&クッションカバー

Linen Curtain/リネンカーテン

 

Read more

 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

 

Hemp Leaf Pattern

麻の葉柄

This pattern, often seen in various places, is called hemp leaf pattern. It is said that this pattern originated in Japan during the Kamakura period (1185-1333). At that time, it was not even called hemp leaf pattern.
いろいろなところでよく見かけるこの模様を麻の葉柄と言います。日本の鎌倉時代に作られた日本発祥の模様だということです。その当時は未だ、麻の葉柄という呼び名も無かったとか。
   

And this became known as the hemp leaf pattern at some point. There is a good indication of the lifestyle of the Japanese people.

そしてこれが、いつの頃からか麻の葉柄と呼ばれるようになります。そこには日本人の暮らしがどのようなものであったかが見てとれます。 

  

Familiar Hemp

身近だった大麻

Before silk and cotton were introduced to Japan, Japanese people's cloth was mainly made of hemp. It was used not only for cloth, but also for Shinto and Buddhist rituals. Shime-nawa (sacred straw rope) at shrines are made of hemp. In August, the fire is lit with hemp shells during the Bon Festival. Hemp seeds are also used in shichimi (seven spices). In other words, hemp was a familiar agricultural product to Japanese people in the past. And this hemp grows about 3 meters in 100 days, and it grows straight. In the Edo period (1603-1867), it was counted as one of the three plants and four trees, which are most important commodity crops at that time.

絹や綿が日本に伝わってくる以前の日本人の布は、大麻のものが中心でした。布だけではなく、神事や仏事にも活用していました。神社のしめ縄は大麻ですし、8月のお盆には苧殻(おがら。大麻の茎の皮の部分)で火をともします。また、麻の実は七味にも入っています。つまり、昔の日本人には大麻は身近な農作物だったのです。そして、この大麻は、100日で約3mも育ち、しかも真っすぐに伸びるのです。江戸時代には三草四木に数えられ、当時の重要な商品作物でもありました。

This is a picture of a cluster of hemp plants. It looks somewhat like a hemp leaf pattern.

大麻の群生する様子。どことなく麻の葉模様に見える。

  

Yes, the name "hemp leaf pattern" was derived from the "appearance of hemp leaves," which were closely related to the daily life of the Japanese people.

そうです、麻の葉柄という呼び名は、日本人の暮らしに深く関わっていた「大麻の葉の様子」になぞらえたものだったのです。

  

Pattern popularized by idols

アイドルが流行らせた柄

When the hemp leaf pattern was originally created, it was used exclusively for Buddhist art such as Buddhist statues. It was not until the Edo period (1603-1867) that this pattern came to be used as a costume pattern for kimonos. It is said that this pattern became popular at once when Kabuki actors, who are now considered idols, wore it. It must have looked really cool. At the same time, the pattern came to be called the hemp leaf pattern, and people at that time may have thought that the power of hemp would protect them from the causes of disease.

元来は麻の葉柄が誕生した頃は、もっぱら仏像などの仏教美術に使われていました。そして、この柄が衣装模様として着物に使われるようになったのは、江戸時代からだそうです。今で言うアイドル的存在の歌舞伎役者が着ていたことで、一気にこの柄が流行したとか。さぞかしカッコよく見えたのでしょう。同時に麻の葉柄と呼ばれるようになって、大麻の持つ生命力や真っすぐに伸びる姿を重ね合わせていったと思われます。

  

  

Representative Japanese design

日本を代表するデザイン

By the way, how is the hemp leaf pattern made? First of all, the basic part of this pattern is composed of regular hexagons. This is a special type of regular polygon, similar to a beehive, which can be laid out on a flat surface or space without gaps, along with equilateral triangles and squares. In other words, the hemp leaf pattern can be said to be made up of these regular hexagons.

ところで麻の葉柄はどのように作るのでしょうか。先ず、この柄の基本部分は正六角形で構成されています。これは、ハチの巣と同じで、空間や平面にすき間なく敷き詰めることが出来る正三角形や正方形と並ぶ特別な正多角形なのだそうです。つまり麻の葉柄はこの正六角形を敷き詰たものとも言えます。

  

              

  

Connect the diagonals of each of these regular hexagons. This creates six equilateral triangles.

この正六角形の各対角線を結びます。すると6個の正三角形が出来ます。

  

  

 Finally, draw three isosceles triangles of the same size inside all six equilateral triangles. 

最後に、6個の正三角形すべての中に同じサイズの二等辺三角形を3個ずつ描きます。

   

   

Then, it turned out to be a hemp leaf pattern.

するとどうでしょう、麻の葉柄になりました。

   

    

Thus, the hemp leaf pattern is one of the geometric patterns, but it came to be called so because it resembled the leaves of the hemp plant, which became a familiar pattern to the Japanese people. Today, it can be said that this design symbolizes the Japanese way of life.

このように麻の葉柄は、幾何学模様の一つですが、それが、日本人にとっては大麻の葉に似ていたことから、いつしかそう呼ばれるようになり、日本人にとって馴染みの柄になっていったということです。今日に至っては、日本の暮らしぶりを象徴するデザインと言っても過言ではないと思います。

 

Weaving hemp leaf pattern cloth

リネンで麻の葉柄を織る

As you know, the cultivation of hemp is regulated in Japan. Spun yarn is imported from overseas under the name "hemp," but it is not the traditional Japanese spun yarn, so it is almost impossible to make hemp cloth in the traditional way.

さて、麻の葉柄の由来になった大麻は、ご承知の通り、国内での栽培は規制されています。ヘンプという呼び名で、海外から紡績糸は輸入されていますが、日本古来の績(う)んだ糸ではないので、昔ながらの大麻の布つくりは、ほとんど出来ないのが実情です。

記憶にまだ新しい皇室行事の「大嘗祭(だいじょうさい)」で「麁服(あらたえ)」を調進した徳島県阿波忌部(あわいんべ)直系の三木家当主のインタビュー記事からも大麻布作りの大変な様子がうかがえました。

   

Our company made linen textiles with the hemp leaf pattern, which has now become an important pattern for the Japanese. We made this textile not only because it represents the spirit of the Japanese people, but also because we felt it was simply beautiful as a design.  

弊社では、今となっては日本人にとって大切な模様となった麻の葉柄でリネンの織物を作りました。日本人のスピリットを表すだけではなく、単純にデザインとして美しいと感じたからです。

   

This is flax, the raw material for linen. It is very beneficial to mankind like hemp.

こちらはリネンの原料になる亜麻(フラックス)です。種類は違いますが、こちらも繊維は糸になります。主にヨーロッパで栽培されていますが、大麻のように成長の速い植物で、実からは亜麻仁油が採れるなど、やはり人類にとって大変ありがたい植物である点で大麻と同じではなでしょうか。

We would like to introduce a few of our products which are made of our hemp leaf pattern textiles.

弊社の麻の葉柄がどのようなものか少しだけ、商品のご紹介をいたします。     

 

Hemp leaf pattern scarf  麻の葉柄ストール

 

  Hemp leaf pattern bag&pouch  麻の葉柄バッグ&ポーチ

     

A pattern that is new in its oldness

不易流行の柄

For better progress, it is important to maintain the right balance, incorporating both the old and the new. Bags and scarves with hemp leaf patterns can be coordinated in a variety of ways at any time of the year.

今も昔もカッコいいものや可愛いものは人の心を掴むのです。洋装の時代になった現在でも、麻の葉柄のバッグやストールは様々なコーディネートで楽しめます。不易流行とは、まさにこの模様のためにある言葉と言えなくもありません。日本人が生んだ日本オリジナルの麻の葉柄を生活の一部に取り入れることで、この国が育んだ美しいものの数々に思いを馳せることができたら素敵ですね。

   

Finally, a piece of linen in the daily routine.
それでは最後に日常のリネンの一コマ。
  
 

    

That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's " Yarn-dyed Linen Daily Bag " will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「麻の葉柄シリーズ」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらから。

 

Bag&Pouch_Hemp Leaf Pattern

リネン麻の葉柄バッグ&ポーチ セット

Long Scarf_Hemp Leaf Pattern

リネン麻の葉柄ストール

Read more

 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

 

Hemp Leaf Pattern

麻の葉柄

This pattern, often seen in various places, is called hemp leaf pattern. It is said that this pattern originated in Japan during the Kamakura period (1185-1333). At that time, it was not even called hemp leaf pattern.
いろいろなところでよく見かけるこの模様を麻の葉柄と言います。日本の鎌倉時代に作られた日本発祥の模様だということです。その当時は未だ、麻の葉柄という呼び名も無かったとか。
   

And this became known as the hemp leaf pattern at some point. There is a good indication of the lifestyle of the Japanese people.

そしてこれが、いつの頃からか麻の葉柄と呼ばれるようになります。そこには日本人の暮らしがどのようなものであったかが見てとれます。 

  

Familiar Hemp

身近だった大麻

Before silk and cotton were introduced to Japan, Japanese people's cloth was mainly made of hemp. It was used not only for cloth, but also for Shinto and Buddhist rituals. Shime-nawa (sacred straw rope) at shrines are made of hemp. In August, the fire is lit with hemp shells during the Bon Festival. Hemp seeds are also used in shichimi (seven spices). In other words, hemp was a familiar agricultural product to Japanese people in the past. And this hemp grows about 3 meters in 100 days, and it grows straight. In the Edo period (1603-1867), it was counted as one of the three plants and four trees, which are most important commodity crops at that time.

絹や綿が日本に伝わってくる以前の日本人の布は、大麻のものが中心でした。布だけではなく、神事や仏事にも活用していました。神社のしめ縄は大麻ですし、8月のお盆には苧殻(おがら。大麻の茎の皮の部分)で火をともします。また、麻の実は七味にも入っています。つまり、昔の日本人には大麻は身近な農作物だったのです。そして、この大麻は、100日で約3mも育ち、しかも真っすぐに伸びるのです。江戸時代には三草四木に数えられ、当時の重要な商品作物でもありました。

This is a picture of a cluster of hemp plants. It looks somewhat like a hemp leaf pattern.

大麻の群生する様子。どことなく麻の葉模様に見える。

  

Yes, the name "hemp leaf pattern" was derived from the "appearance of hemp leaves," which were closely related to the daily life of the Japanese people.

そうです、麻の葉柄という呼び名は、日本人の暮らしに深く関わっていた「大麻の葉の様子」になぞらえたものだったのです。

  

Pattern popularized by idols

アイドルが流行らせた柄

When the hemp leaf pattern was originally created, it was used exclusively for Buddhist art such as Buddhist statues. It was not until the Edo period (1603-1867) that this pattern came to be used as a costume pattern for kimonos. It is said that this pattern became popular at once when Kabuki actors, who are now considered idols, wore it. It must have looked really cool. At the same time, the pattern came to be called the hemp leaf pattern, and people at that time may have thought that the power of hemp would protect them from the causes of disease.

元来は麻の葉柄が誕生した頃は、もっぱら仏像などの仏教美術に使われていました。そして、この柄が衣装模様として着物に使われるようになったのは、江戸時代からだそうです。今で言うアイドル的存在の歌舞伎役者が着ていたことで、一気にこの柄が流行したとか。さぞかしカッコよく見えたのでしょう。同時に麻の葉柄と呼ばれるようになって、大麻の持つ生命力や真っすぐに伸びる姿を重ね合わせていったと思われます。

  

  

Representative Japanese design

日本を代表するデザイン

By the way, how is the hemp leaf pattern made? First of all, the basic part of this pattern is composed of regular hexagons. This is a special type of regular polygon, similar to a beehive, which can be laid out on a flat surface or space without gaps, along with equilateral triangles and squares. In other words, the hemp leaf pattern can be said to be made up of these regular hexagons.

ところで麻の葉柄はどのように作るのでしょうか。先ず、この柄の基本部分は正六角形で構成されています。これは、ハチの巣と同じで、空間や平面にすき間なく敷き詰めることが出来る正三角形や正方形と並ぶ特別な正多角形なのだそうです。つまり麻の葉柄はこの正六角形を敷き詰たものとも言えます。

  

              

  

Connect the diagonals of each of these regular hexagons. This creates six equilateral triangles.

この正六角形の各対角線を結びます。すると6個の正三角形が出来ます。

  

  

 Finally, draw three isosceles triangles of the same size inside all six equilateral triangles. 

最後に、6個の正三角形すべての中に同じサイズの二等辺三角形を3個ずつ描きます。

   

   

Then, it turned out to be a hemp leaf pattern.

するとどうでしょう、麻の葉柄になりました。

   

    

Thus, the hemp leaf pattern is one of the geometric patterns, but it came to be called so because it resembled the leaves of the hemp plant, which became a familiar pattern to the Japanese people. Today, it can be said that this design symbolizes the Japanese way of life.

このように麻の葉柄は、幾何学模様の一つですが、それが、日本人にとっては大麻の葉に似ていたことから、いつしかそう呼ばれるようになり、日本人にとって馴染みの柄になっていったということです。今日に至っては、日本の暮らしぶりを象徴するデザインと言っても過言ではないと思います。

 

Weaving hemp leaf pattern cloth

リネンで麻の葉柄を織る

As you know, the cultivation of hemp is regulated in Japan. Spun yarn is imported from overseas under the name "hemp," but it is not the traditional Japanese spun yarn, so it is almost impossible to make hemp cloth in the traditional way.

さて、麻の葉柄の由来になった大麻は、ご承知の通り、国内での栽培は規制されています。ヘンプという呼び名で、海外から紡績糸は輸入されていますが、日本古来の績(う)んだ糸ではないので、昔ながらの大麻の布つくりは、ほとんど出来ないのが実情です。

記憶にまだ新しい皇室行事の「大嘗祭(だいじょうさい)」で「麁服(あらたえ)」を調進した徳島県阿波忌部(あわいんべ)直系の三木家当主のインタビュー記事からも大麻布作りの大変な様子がうかがえました。

   

Our company made linen textiles with the hemp leaf pattern, which has now become an important pattern for the Japanese. We made this textile not only because it represents the spirit of the Japanese people, but also because we felt it was simply beautiful as a design.  

弊社では、今となっては日本人にとって大切な模様となった麻の葉柄でリネンの織物を作りました。日本人のスピリットを表すだけではなく、単純にデザインとして美しいと感じたからです。

   

This is flax, the raw material for linen. It is very beneficial to mankind like hemp.

こちらはリネンの原料になる亜麻(フラックス)です。種類は違いますが、こちらも繊維は糸になります。主にヨーロッパで栽培されていますが、大麻のように成長の速い植物で、実からは亜麻仁油が採れるなど、やはり人類にとって大変ありがたい植物である点で大麻と同じではなでしょうか。

We would like to introduce a few of our products which are made of our hemp leaf pattern textiles.

弊社の麻の葉柄がどのようなものか少しだけ、商品のご紹介をいたします。     

 

Hemp leaf pattern scarf  麻の葉柄ストール

 

  Hemp leaf pattern bag&pouch  麻の葉柄バッグ&ポーチ

     

A pattern that is new in its oldness

不易流行の柄

For better progress, it is important to maintain the right balance, incorporating both the old and the new. Bags and scarves with hemp leaf patterns can be coordinated in a variety of ways at any time of the year.

今も昔もカッコいいものや可愛いものは人の心を掴むのです。洋装の時代になった現在でも、麻の葉柄のバッグやストールは様々なコーディネートで楽しめます。不易流行とは、まさにこの模様のためにある言葉と言えなくもありません。日本人が生んだ日本オリジナルの麻の葉柄を生活の一部に取り入れることで、この国が育んだ美しいものの数々に思いを馳せることができたら素敵ですね。

   

Finally, a piece of linen in the daily routine.
それでは最後に日常のリネンの一コマ。
  
 

    

That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's " Yarn-dyed Linen Daily Bag " will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「麻の葉柄シリーズ」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらから。

 

Bag&Pouch_Hemp Leaf Pattern

リネン麻の葉柄バッグ&ポーチ セット

Long Scarf_Hemp Leaf Pattern

リネン麻の葉柄ストール

Read more

 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

 

Yarn-dyed Linen Daily Bag

スカーフバッグ

Now, we would like to introduce our Yarn-dyed Daily Bag. Its fabric is a yarn-dyed linen fabric woven in our own factory. Of course, it is selvedge linen. The luster and coloring unique to yarn-dyed linen fabrics look just like a silk scarf. We hope that you will use this cloth bag as your companion when you go out for shopping, etc., with the same excitement as when you go out wearing your favorite scarf.

さて、今回はスカーフバッグのご紹介です。生地には自社工場で織った先染のリネン織物を使っています。もちろん、セルビッチリネンです。先染めならではの光沢と発色が、まるでシルクのスカーフのようです。お気に入りのスカーフを巻いて外出する時のようなワクワクする気持ちで、このスカーフバッグもショッピングなどお出かけ時のお供にしていただきたいと思います。

  

  

This daily bag is actually so-called AZUMA BUKURO which is a traditional Japanese cloth bag. The origin of this bag is not known, but it seems to have been widely used in the Edo period. When I look at these bags and furoshiki wrapping cloth, I am reminded once again that the Japanese are very adept at handling cloth freely.
このスカーフバッグですが、実は「あずま袋」なのです。起源はわかりませんが、江戸時代にはひろく使われていたようです。この袋型のバッグや風呂敷ラッピングなどを見るとき、日本人は布を自由自在に扱うのが上手な民族だとあらためて思います。
  

 

      

   

The Origami Culture

まるで折り紙のような作り

Let's take a quick look at what AZUMA BUKURO is all about. When you look at how it is made, you will be amazed at its wisdom. Please look at the diagram below.

早速、このあずま袋とはどういうものなのか、見ていきましょう。作り方をみてみると、その知恵に驚かされます。それでは、下の図をご覧ください。

     

First, prepare a rectangular piece of cloth. Fold it into three equal parts.

先ず、長方形の布を用意します。それを三等分に折りたたみます。

    

Next, sew A and B together at the red dotted line.

次に、AとBを赤の点線の部分で縫い合わせます。

    

Then, insert C between A and B, which were sewn together earlier, and now sew B and C together at the green dotted line.

そして、Cを先ほど縫い合わせたAとBの間に挟み込み、今度はBとCを緑の点線部分で縫い合わせます。

  

Finally, turn it over and you are done.

最後に、ひっくり返せば完成です。

   

What do you think? Just two stitches are all it takes to make a bag. And if you have a rectangle of fabric, you don't even need scissors. I think that perhaps it comes from the origami culture. 

どうでしょうか?二か所を縫うだけで、バッグが出来てしまいました。しかも長方形の布があればハサミも必要ありません。まさに、おばあちゃんの知恵袋的な作りですね。もしかしたら、折り紙文化と関係があるのかもしれません。

   

        

The Washable Bag

洗えるバッグ

Furthermore, as it does not require any metal fittings or other accessories, you can fold it up neatly and compactly, making it very convenient to carry around.
さらには、金具などの付属品が一切不要で、コンパクトにスッキリと折りたため、携帯するのには非常に便利です。
It is folded up neatly and small, making it easy to carry around.
スッキリと小さくたためるので、持ち運びに便利です。
   

   

  

Tenjin-factory has made these convenient AZUMA BUKURO of linen fabrics. The reason is that linen is durable, can be used repeatedly and washed at home. Also it can be put in the washing machine as soon as you get home from shopping, which is ideal in these days of viral disasters. Folding it up and keeping it in your bag at all times for unexpected shopping trips make you at ease.
テンジンファクトリーでは、このように便利なあずま袋をリネンで作りました。理由は、リネンならば丈夫で繰り返し使え、しかも家庭で洗えるからです。買い物から帰ったらすぐに洗濯機に入れられるので、昨今のウイルス禍には最適です。たたんでバッグにいつも入れておけば、不意な買い物時にも大変安心です。
   

   

One of the advantages of linen is that it dries quickly after washing.

洗濯してもすぐ乾くのが、リネンの良さの一つです。

     

     

 Sturdily Sewn

丈夫な作り

Now let's look at the details. Our main concern is its sturdy construction. It is designed to withstand considerable weight. 

それでは、細部を見ていきましょう。一番のこだわりは丈夫な作りです。スーパーのレジカゴいっぱいに入れた分量の荷物が十分に入る大きさなので、かなりの重さに耐えられるようにしています。

   

All seams are double stitched.

縫い合わせ部分は全て二重に縫っています。

  

For example, two 5 kg bags of rice (10 kg in total) can be put in it with no problem.

 例えば、5kgのお米を2個(合計10kg)入れても平気です。

  

Some customers say that the fabric of this bag is thick and soft to the touch, even when holding heavy objects, so fingers do not get sore.

重たいものを持っても生地に厚みがあり、触り心地も柔らかいかので、手が痛くなりにくいという声もいただいています。

  

It can be used in a variety of ways, such as hanging on the shoulder, hanging on the arm, or as a handbag, by changing the position of the tie according to the amount of luggage.

荷物の量に合わせて結ぶ位置を変えれば、肩に掛けたり、腕に吊るしたり、又は手提げにしたりと、使い方はいろいろです。

  

If you wash it in the washing machine as soon as you get home, any dirt or viruses that may be bothering you will be washed away clean.

帰宅後、すぐに洗濯機で丸洗い。気になる汚れやウイルスもきれいに洗い流せます。

     

   

 Cheerful Colors

明るく元気にしてくれる色

Now let's talk about color. It is said that color has the power to move emotions. Therefore, we decided to use a combination of colors that would be bright and cheerful. What do you think? Doesn't it make you feel cheerful just by looking at them?

それではここからは、色のバリエーションのご紹介です。スカーフバッグと命名したからには、スカーフのようにテンションが上がるカラーにしたいと考えました。色には、感情を動かす力があると言われています。そこで、色の組み合わせは、とにかく明るくて元気が出るものにしました。どうですか、見ているだけで気持ちが明るくなりませんか?

   

   

Currently, there are 9 color cmbinations. Have you ever found favorite one?

現在は、9配色あります。お好きな色の組み合わせはありましたか?

 

   

Finally, a piece of linen in the daily routine.
それでは最後に日常のリネンの一コマ。
   
   

  

   

   

 

That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's " Yarn-dyed Linen Daily Bag " will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「スカーフバッグ」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらから。

 

 

    

 

Read more

 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

 

Yarn-dyed Linen Daily Bag

スカーフバッグ

Now, we would like to introduce our Yarn-dyed Daily Bag. Its fabric is a yarn-dyed linen fabric woven in our own factory. Of course, it is selvedge linen. The luster and coloring unique to yarn-dyed linen fabrics look just like a silk scarf. We hope that you will use this cloth bag as your companion when you go out for shopping, etc., with the same excitement as when you go out wearing your favorite scarf.

さて、今回はスカーフバッグのご紹介です。生地には自社工場で織った先染のリネン織物を使っています。もちろん、セルビッチリネンです。先染めならではの光沢と発色が、まるでシルクのスカーフのようです。お気に入りのスカーフを巻いて外出する時のようなワクワクする気持ちで、このスカーフバッグもショッピングなどお出かけ時のお供にしていただきたいと思います。

  

  

This daily bag is actually so-called AZUMA BUKURO which is a traditional Japanese cloth bag. The origin of this bag is not known, but it seems to have been widely used in the Edo period. When I look at these bags and furoshiki wrapping cloth, I am reminded once again that the Japanese are very adept at handling cloth freely.
このスカーフバッグですが、実は「あずま袋」なのです。起源はわかりませんが、江戸時代にはひろく使われていたようです。この袋型のバッグや風呂敷ラッピングなどを見るとき、日本人は布を自由自在に扱うのが上手な民族だとあらためて思います。
  

 

      

   

The Origami Culture

まるで折り紙のような作り

Let's take a quick look at what AZUMA BUKURO is all about. When you look at how it is made, you will be amazed at its wisdom. Please look at the diagram below.

早速、このあずま袋とはどういうものなのか、見ていきましょう。作り方をみてみると、その知恵に驚かされます。それでは、下の図をご覧ください。

     

First, prepare a rectangular piece of cloth. Fold it into three equal parts.

先ず、長方形の布を用意します。それを三等分に折りたたみます。

    

Next, sew A and B together at the red dotted line.

次に、AとBを赤の点線の部分で縫い合わせます。

    

Then, insert C between A and B, which were sewn together earlier, and now sew B and C together at the green dotted line.

そして、Cを先ほど縫い合わせたAとBの間に挟み込み、今度はBとCを緑の点線部分で縫い合わせます。

  

Finally, turn it over and you are done.

最後に、ひっくり返せば完成です。

   

What do you think? Just two stitches are all it takes to make a bag. And if you have a rectangle of fabric, you don't even need scissors. I think that perhaps it comes from the origami culture. 

どうでしょうか?二か所を縫うだけで、バッグが出来てしまいました。しかも長方形の布があればハサミも必要ありません。まさに、おばあちゃんの知恵袋的な作りですね。もしかしたら、折り紙文化と関係があるのかもしれません。

   

        

The Washable Bag

洗えるバッグ

Furthermore, as it does not require any metal fittings or other accessories, you can fold it up neatly and compactly, making it very convenient to carry around.
さらには、金具などの付属品が一切不要で、コンパクトにスッキリと折りたため、携帯するのには非常に便利です。
It is folded up neatly and small, making it easy to carry around.
スッキリと小さくたためるので、持ち運びに便利です。
   

   

  

Tenjin-factory has made these convenient AZUMA BUKURO of linen fabrics. The reason is that linen is durable, can be used repeatedly and washed at home. Also it can be put in the washing machine as soon as you get home from shopping, which is ideal in these days of viral disasters. Folding it up and keeping it in your bag at all times for unexpected shopping trips make you at ease.
テンジンファクトリーでは、このように便利なあずま袋をリネンで作りました。理由は、リネンならば丈夫で繰り返し使え、しかも家庭で洗えるからです。買い物から帰ったらすぐに洗濯機に入れられるので、昨今のウイルス禍には最適です。たたんでバッグにいつも入れておけば、不意な買い物時にも大変安心です。
   

   

One of the advantages of linen is that it dries quickly after washing.

洗濯してもすぐ乾くのが、リネンの良さの一つです。

     

     

 Sturdily Sewn

丈夫な作り

Now let's look at the details. Our main concern is its sturdy construction. It is designed to withstand considerable weight. 

それでは、細部を見ていきましょう。一番のこだわりは丈夫な作りです。スーパーのレジカゴいっぱいに入れた分量の荷物が十分に入る大きさなので、かなりの重さに耐えられるようにしています。

   

All seams are double stitched.

縫い合わせ部分は全て二重に縫っています。

  

For example, two 5 kg bags of rice (10 kg in total) can be put in it with no problem.

 例えば、5kgのお米を2個(合計10kg)入れても平気です。

  

Some customers say that the fabric of this bag is thick and soft to the touch, even when holding heavy objects, so fingers do not get sore.

重たいものを持っても生地に厚みがあり、触り心地も柔らかいかので、手が痛くなりにくいという声もいただいています。

  

It can be used in a variety of ways, such as hanging on the shoulder, hanging on the arm, or as a handbag, by changing the position of the tie according to the amount of luggage.

荷物の量に合わせて結ぶ位置を変えれば、肩に掛けたり、腕に吊るしたり、又は手提げにしたりと、使い方はいろいろです。

  

If you wash it in the washing machine as soon as you get home, any dirt or viruses that may be bothering you will be washed away clean.

帰宅後、すぐに洗濯機で丸洗い。気になる汚れやウイルスもきれいに洗い流せます。

     

   

 Cheerful Colors

明るく元気にしてくれる色

Now let's talk about color. It is said that color has the power to move emotions. Therefore, we decided to use a combination of colors that would be bright and cheerful. What do you think? Doesn't it make you feel cheerful just by looking at them?

それではここからは、色のバリエーションのご紹介です。スカーフバッグと命名したからには、スカーフのようにテンションが上がるカラーにしたいと考えました。色には、感情を動かす力があると言われています。そこで、色の組み合わせは、とにかく明るくて元気が出るものにしました。どうですか、見ているだけで気持ちが明るくなりませんか?

   

   

Currently, there are 9 color cmbinations. Have you ever found favorite one?

現在は、9配色あります。お好きな色の組み合わせはありましたか?

 

   

Finally, a piece of linen in the daily routine.
それでは最後に日常のリネンの一コマ。
   
   

  

   

   

 

That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's " Yarn-dyed Linen Daily Bag " will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「スカーフバッグ」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらから。

 

 

    

 

Read more

 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

 

Folding weave Blanket&Folding weave linen large cloth

フォールド織りシリーズ

Now, I would like to introduce the Folding Weave Series. It sounds somewhat unfamiliar, doesn't it? That is as it should be. The name "folding weave" is a term I coined. To explain it simply, this textile is like a newspaper. When you read a newspaper, it is folded vertically and unfolded. This textile is folded in two just like a newspaper. I will explain what this means step by step.

さて、今回はフォールド織りシリーズのご紹介です。何やら耳慣れない響きですね。それもその筈、この「フォールド織り」という名称は、私が考えた造語です。この織物はザックリ説明すると新聞ような織物です。新聞というのは、読む時にはタテ長に折られているのを広げます。この織物はまさに新聞がタテ長に二つ折りになっているような状態で布になっていきます。どういうことか、順を追ってご説明いたします。

 

During the weaving process, the cloth becomes like a newspaper folded in two.

織っているときには、新聞を二つ折りにしたような形で布になっていきます。

  

This is what it looks like during weaving.

織っている最中の状態はこんな感じです。

  

As unfolded the newspaper to open it, another piece of cloth peeked out from underneath.

新聞を開くように広げると、下から別の布が顔を出しました。

  

The left half is checkered and the right half is plain. And the whole is a framed pattern.

左半分はチェック柄、右半分は無地。そして全体では、額縁柄になっている。

 

Folding weave is really a double weave

フォールド織りの正体は、二重織り

First of all, double weave is woven just like two layers of cloth. Double gauze is probably the most familiar to most people. It is often used for towels and clothing. Its characteristic is that it is a "single piece of cloth" woven from two separate pieces of fabric woven as if they were layered together.

先ず、二重織りというのはちょうど布を二枚重ねたように織られているので、このように呼ばれています。皆さんになじみが多いのは、ダブルガーゼではないでしょうか?タオルや洋服などによく使われています。その特徴は、別々の二枚の生地を重ねたように織った”一枚布である”、というところです。

The underside (back side) of the double weave is being woven. The underside cannot be seen because many warp threads are being pulled up.

二重織りの下面(裏面)を織っているところ。たくさんのタテ糸が引き上げられているので、下面の様子は見えません。

  

This is a view of the top side being woven. When weaving the upper surface, the warp threads for the lower surface are not needed, so the number of warp threads to be pulled up is reduced and the check pattern on the lower surface is clearly visible.  

こちらは上面を織っている様子。上面を織るときは、下面分のタテ糸は不要なので、下げているため、引き上げられるタテ糸本数がすくなくなり、下面のチェック柄がはっきりと見える。

   

  

The reason for double weaving

二重織りにする訳

One of the usual reasons for double weaving, as in double gauze, is to soften the texture. By double weaving, the cloth is divided into upper and lower sections, and the contact points between the warp and weft yarns are reduced, resulting in a softer cloth. At the same time, the double layer of fabric becomes fluffy to the touch because it is filled with air.

ダブルガーゼのように二重織りにする通常の理由の一つは、風合いを柔らかくすることだと考えられます。二重織りにすることで、布が上下それぞれに分かれるために、上側の布、下側の布、それぞれ一枚分で見ると、タテ糸とよこ糸の接点が減るので柔らかな布になります。同時に、二重の層に空気をはらむことで、ふんわりとした感触になります。

Air layer is created between the top and bottom surfaces.

上面と下面の間にすき間、つまり空気層が生まれる。

  

   

Folding weave with a different purpose than regular double weave

通常の二重織りとは違う目的のフォールド織り

However, the purpose of double weaving in this product is a little different. The answer lies in the design. Let's take a look at the design. This design features a plain weave on one side, a check on the other, and a framed pattern throughout.

しかし、今回のブランケットでは二重に織る目的が少し違います。デザインにその答えがあります。それでは、デザインを見てみましょう。このデザインの特徴は、片面が無地織り、もう片面がチェック、そして全体では額縁柄になっていることです。

In the case of normal weaving, one weft thread runs from the left end to the right end. If half the textile is checkered,  the other half could not be plain.

通常織物の場合、1本のよこ糸は左端から右端まで通ってしまうので、半面がチェック柄でもう半面が無地にはならない。

 

  

  

To give shape to the design

デザインを形にするために

This product is a yarn-dyed fabric, meaning that the yarn is dyed first and then woven. Normally, one weft thread is woven seamlessly from the left end to the right end of the cloth. It means that the same color should continue from the left end to the right end. However, the design of this product is plain on one side and check on the other side. In a normal weave, the color of the checks should continue from one end to the other. However, that is not the case with this design. This is why we came up with the folding weave.

この製品は先染め織物と言って糸を先に染めて、それから織物にしてしたものです。通常1本のよこ糸は布の左端から右端まで途切れなく織り込まれます。つまり、色で考えると同じ色が左端から右端まで続く筈です。ところが、本製品のデザインは、半面が白、残りの片面がチェックです。通常の織り方をすれば、チェック部分の色は端から端まで続く筈です。しかし、それではこのデザインのようにはなりません。そこで考えたのが、このフォールド織りでした。

We thought we could give shape to the design by weaving one side (front) into a solid color and the other side (back) into a checkerboard pattern, and then unfolding it out.

片面(表)を無地にして、もう片面をチェック柄(裏)にして織って、布になった後で、開けばどうかと考えた結果、このような織り方に。

   

Weaving unique to the shuttle loom

シャトル織機ならではの織物

Our loom is a shuttle loom, which is now an obsolete loom. However, since the weft is woven in the same way as on a hand loom, a weft thread is always folded over at both ends of the cloth. It means that  the weft is always connected. These two ends are called "selvage or selvedge In English. This selvage is what makes the folding weave possible.

弊社の織機は、シャトル織機と言って今では旧式の織り機となっているものです。しかし、これは手機と同じ仕組みでよこ糸を織り込むので、1本のよこ糸は布の両端で必ず折り返され、布になっていきます。つまり、この1本のよこ糸はずっと繋がっている訳です。そして、この繋がった両端を”耳”と言います。英語ではselvageまたはselvedge(セルヴィッチ)と言います。この耳こそが、フォールド織りを可能にしています。

  

The top and bottom surfaces are always connected at either end.

上面と下面はどちらか一方の端で必ずつながっている。

  

Folding weave cloth just after weaving.   

織り上がった直後のフォールド織りの様子。

   

The selvedges are made using a tool called a shuttle, which carries the weft yarn.

セルヴィッチ(耳)は、シャトルと呼ばれるよこ糸を運ぶ道具を使って作られる。

 

Weaving in progress.   

製織中の様子。

   

On the right side, the cloth is clearly visible in two pieces.

右側は布が二枚に分かれているのが、ハッキリ見える。

   

The left side is not in two pieces because it is folded on this side.

こちら側で折りたたまれているため、左側は二枚になっていない。

  

We were thus able to create a checkered pattern on one side and a plain weave on the other half, but there was the last hurdle to overcome. When this product is unfolded and viewed as one large piece, it must be made into a picture frame pattern.   

こうして片面をチェック柄、もう半面を無地織りにすることができましたが、最後にもう一工夫。布を広げて大きな一枚でみたときに、額縁柄に仕上げなければなりません。

 

  

A picture frame pattern is like a pattern with a window frame, so weaving from the bottom to the top of the frame requires a significant amount of pattern paper. This product is more than 2m long before sewing, so the amount of pattern paper is enormous.

額縁柄とは、窓枠のある柄のようなものなので、枠の下から上までを織るには、その分の型紙が必要になります。この製品は縫製前の長さが2m以上あるので、型紙も膨大な量になっています。

Once we have made a pattern paper like this, it is convenient to weave many more cloth, all of which will have the same pattern and length. One round of this paper is enough to weave one cloth. The reason this is such a large quantity of pattern paper is because the design is a framed pattern.

一度、このように型紙を作ってしまえば、あとは何枚織っても全部が同じ柄や長さになるので、便利です。この型紙が1周りすると、1枚分の織り上がりです。このように大量の型紙となってしまうのは、デザインが額縁柄だからです。

   

The double weaving technique and a large number of pattern papers are used to create this folding weave series. This is one of the proudest products.

二重織りの技術と大量の型紙によってこのフォールド織りシリーズは作られています。弊社こだわりの一品です。

  

Folding weave blanket(50%Linen, 50%Lambwool)

フォールド織りブランケット

  

   

Folding weave lenen large cloth(100%Linen) 

フォールド織りマルチファブリック

   

   

 

Finally, a piece of linen in the daily routine.

それでは最後に日常のリネンの一コマ。

   

 

 

That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's "Folding weave blanket and Folding linen large cloth" will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「フォールド織りシリーズ」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらから。

「Folding weave linen large cloth」

 

Read more

 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

 

Folding weave Blanket&Folding weave linen large cloth

フォールド織りシリーズ

Now, I would like to introduce the Folding Weave Series. It sounds somewhat unfamiliar, doesn't it? That is as it should be. The name "folding weave" is a term I coined. To explain it simply, this textile is like a newspaper. When you read a newspaper, it is folded vertically and unfolded. This textile is folded in two just like a newspaper. I will explain what this means step by step.

さて、今回はフォールド織りシリーズのご紹介です。何やら耳慣れない響きですね。それもその筈、この「フォールド織り」という名称は、私が考えた造語です。この織物はザックリ説明すると新聞ような織物です。新聞というのは、読む時にはタテ長に折られているのを広げます。この織物はまさに新聞がタテ長に二つ折りになっているような状態で布になっていきます。どういうことか、順を追ってご説明いたします。

 

During the weaving process, the cloth becomes like a newspaper folded in two.

織っているときには、新聞を二つ折りにしたような形で布になっていきます。

  

This is what it looks like during weaving.

織っている最中の状態はこんな感じです。

  

As unfolded the newspaper to open it, another piece of cloth peeked out from underneath.

新聞を開くように広げると、下から別の布が顔を出しました。

  

The left half is checkered and the right half is plain. And the whole is a framed pattern.

左半分はチェック柄、右半分は無地。そして全体では、額縁柄になっている。

 

Folding weave is really a double weave

フォールド織りの正体は、二重織り

First of all, double weave is woven just like two layers of cloth. Double gauze is probably the most familiar to most people. It is often used for towels and clothing. Its characteristic is that it is a "single piece of cloth" woven from two separate pieces of fabric woven as if they were layered together.

先ず、二重織りというのはちょうど布を二枚重ねたように織られているので、このように呼ばれています。皆さんになじみが多いのは、ダブルガーゼではないでしょうか?タオルや洋服などによく使われています。その特徴は、別々の二枚の生地を重ねたように織った”一枚布である”、というところです。

The underside (back side) of the double weave is being woven. The underside cannot be seen because many warp threads are being pulled up.

二重織りの下面(裏面)を織っているところ。たくさんのタテ糸が引き上げられているので、下面の様子は見えません。

  

This is a view of the top side being woven. When weaving the upper surface, the warp threads for the lower surface are not needed, so the number of warp threads to be pulled up is reduced and the check pattern on the lower surface is clearly visible.  

こちらは上面を織っている様子。上面を織るときは、下面分のタテ糸は不要なので、下げているため、引き上げられるタテ糸本数がすくなくなり、下面のチェック柄がはっきりと見える。

   

  

The reason for double weaving

二重織りにする訳

One of the usual reasons for double weaving, as in double gauze, is to soften the texture. By double weaving, the cloth is divided into upper and lower sections, and the contact points between the warp and weft yarns are reduced, resulting in a softer cloth. At the same time, the double layer of fabric becomes fluffy to the touch because it is filled with air.

ダブルガーゼのように二重織りにする通常の理由の一つは、風合いを柔らかくすることだと考えられます。二重織りにすることで、布が上下それぞれに分かれるために、上側の布、下側の布、それぞれ一枚分で見ると、タテ糸とよこ糸の接点が減るので柔らかな布になります。同時に、二重の層に空気をはらむことで、ふんわりとした感触になります。

Air layer is created between the top and bottom surfaces.

上面と下面の間にすき間、つまり空気層が生まれる。

  

   

Folding weave with a different purpose than regular double weave

通常の二重織りとは違う目的のフォールド織り

However, the purpose of double weaving in this product is a little different. The answer lies in the design. Let's take a look at the design. This design features a plain weave on one side, a check on the other, and a framed pattern throughout.

しかし、今回のブランケットでは二重に織る目的が少し違います。デザインにその答えがあります。それでは、デザインを見てみましょう。このデザインの特徴は、片面が無地織り、もう片面がチェック、そして全体では額縁柄になっていることです。

In the case of normal weaving, one weft thread runs from the left end to the right end. If half the textile is checkered,  the other half could not be plain.

通常織物の場合、1本のよこ糸は左端から右端まで通ってしまうので、半面がチェック柄でもう半面が無地にはならない。

 

  

  

To give shape to the design

デザインを形にするために

This product is a yarn-dyed fabric, meaning that the yarn is dyed first and then woven. Normally, one weft thread is woven seamlessly from the left end to the right end of the cloth. It means that the same color should continue from the left end to the right end. However, the design of this product is plain on one side and check on the other side. In a normal weave, the color of the checks should continue from one end to the other. However, that is not the case with this design. This is why we came up with the folding weave.

この製品は先染め織物と言って糸を先に染めて、それから織物にしてしたものです。通常1本のよこ糸は布の左端から右端まで途切れなく織り込まれます。つまり、色で考えると同じ色が左端から右端まで続く筈です。ところが、本製品のデザインは、半面が白、残りの片面がチェックです。通常の織り方をすれば、チェック部分の色は端から端まで続く筈です。しかし、それではこのデザインのようにはなりません。そこで考えたのが、このフォールド織りでした。

We thought we could give shape to the design by weaving one side (front) into a solid color and the other side (back) into a checkerboard pattern, and then unfolding it out.

片面(表)を無地にして、もう片面をチェック柄(裏)にして織って、布になった後で、開けばどうかと考えた結果、このような織り方に。

   

Weaving unique to the shuttle loom

シャトル織機ならではの織物

Our loom is a shuttle loom, which is now an obsolete loom. However, since the weft is woven in the same way as on a hand loom, a weft thread is always folded over at both ends of the cloth. It means that  the weft is always connected. These two ends are called "selvage or selvedge In English. This selvage is what makes the folding weave possible.

弊社の織機は、シャトル織機と言って今では旧式の織り機となっているものです。しかし、これは手機と同じ仕組みでよこ糸を織り込むので、1本のよこ糸は布の両端で必ず折り返され、布になっていきます。つまり、この1本のよこ糸はずっと繋がっている訳です。そして、この繋がった両端を”耳”と言います。英語ではselvageまたはselvedge(セルヴィッチ)と言います。この耳こそが、フォールド織りを可能にしています。

  

The top and bottom surfaces are always connected at either end.

上面と下面はどちらか一方の端で必ずつながっている。

  

Folding weave cloth just after weaving.   

織り上がった直後のフォールド織りの様子。

   

The selvedges are made using a tool called a shuttle, which carries the weft yarn.

セルヴィッチ(耳)は、シャトルと呼ばれるよこ糸を運ぶ道具を使って作られる。

 

Weaving in progress.   

製織中の様子。

   

On the right side, the cloth is clearly visible in two pieces.

右側は布が二枚に分かれているのが、ハッキリ見える。

   

The left side is not in two pieces because it is folded on this side.

こちら側で折りたたまれているため、左側は二枚になっていない。

  

We were thus able to create a checkered pattern on one side and a plain weave on the other half, but there was the last hurdle to overcome. When this product is unfolded and viewed as one large piece, it must be made into a picture frame pattern.   

こうして片面をチェック柄、もう半面を無地織りにすることができましたが、最後にもう一工夫。布を広げて大きな一枚でみたときに、額縁柄に仕上げなければなりません。

 

  

A picture frame pattern is like a pattern with a window frame, so weaving from the bottom to the top of the frame requires a significant amount of pattern paper. This product is more than 2m long before sewing, so the amount of pattern paper is enormous.

額縁柄とは、窓枠のある柄のようなものなので、枠の下から上までを織るには、その分の型紙が必要になります。この製品は縫製前の長さが2m以上あるので、型紙も膨大な量になっています。

Once we have made a pattern paper like this, it is convenient to weave many more cloth, all of which will have the same pattern and length. One round of this paper is enough to weave one cloth. The reason this is such a large quantity of pattern paper is because the design is a framed pattern.

一度、このように型紙を作ってしまえば、あとは何枚織っても全部が同じ柄や長さになるので、便利です。この型紙が1周りすると、1枚分の織り上がりです。このように大量の型紙となってしまうのは、デザインが額縁柄だからです。

   

The double weaving technique and a large number of pattern papers are used to create this folding weave series. This is one of the proudest products.

二重織りの技術と大量の型紙によってこのフォールド織りシリーズは作られています。弊社こだわりの一品です。

  

Folding weave blanket(50%Linen, 50%Lambwool)

フォールド織りブランケット

  

   

Folding weave lenen large cloth(100%Linen) 

フォールド織りマルチファブリック

   

   

 

Finally, a piece of linen in the daily routine.

それでは最後に日常のリネンの一コマ。

   

 

 

That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's "Folding weave blanket and Folding linen large cloth" will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「フォールド織りシリーズ」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらから。

「Folding weave linen large cloth」

 

Read more