THE ROUTINE LINEN ( 10 )<p>日常のリネン ( 10 )</p>

THE ROUTINE LINEN ( 10 )

日常のリネン ( 10 )


“Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

    

What is Linen?

リネンとは何か

     

Superior agricultural crops since time immemorial

太古の昔から続く農作物の優等生

Linen is a textile product made from a certain plant. The plant is flax, or flax in English. From flax, fiber is extracted to make yarn, which is then woven into cloth. The cultivation of flax has a long history: fragments of linen textiles dating back 36,000 years were discovered in a cave in present-day Georgia, in the Caucasus region between the Caspian Sea and the Black Sea. 7,000 years ago, flax was cultivated in ancient Egypt, as evidenced by wall paintings and mummies excavated there. Thus, flax is an agricultural crop that has been cultivated since prehistoric times. The fiber that becomes the thread is located just inside the epidermis of the plant's slender, straight stalk, the part of the plant that is like insulation for a house. These fibers are soft and silky, and their suppleness prevents the stem from breaking. The fiber is also hollow, which allows it to hold and release water and air. Fibers with these functions are bundled together to make yarn and then woven. The fabric is supple, yet absorbs water and dries quickly, and by containing air, it naturally regulates temperature. Flax normally grows only with natural rainfall. It is a very sustainable plant that has a low impact on both the economy and the environment because it does not require irrigation projects such as pumping water from rivers, lakes, or even underground for watering purposes. The seeds can be used to make linseed oil, making it an excellent agricultural crop with little waste. France is the largest grower of flax , and its center is in the Flanders region, which extends into Belgium. These three countries, plus the Netherlands, currently grow 85% of the world's flax.

リネンはある植物から作られる繊維製品のことです。その植物は亜麻、英語でフラックス(flax)と言います。亜麻から糸の原料になる繊維が採れ、その糸を織って布を作ります。この亜麻の栽培の歴史は古く、カスピ海と黒海に挟まれたコーカサス地方にある現在のジョージアの洞窟で36,000年前のリネン織物の断片が発見されています。7,000年前には古代エジプトで亜麻の栽培が行われていたことが、壁画やミイラの発掘で明らかになっています。このように亜麻は太古の昔から栽培されていた農作物なのです。糸になる部分は、この植物のスラっと真直ぐな茎の表皮のすぐ内側にある、家に例えるならば、断熱材のような部位にある繊維です。この繊維は柔らかでサラサラしているのが特徴で茎が折れそうになるのをそのしなやかさで防ぎます。また、繊維は中空になっているので、水や空気を溜めたり、放出したりします。このような働きを持った繊維を束ねて糸にし、さらには織物にします。しなやかでありながら吸水力と速乾性があり、空気を含むことで、自然な温度調節ができる織物になります。通常亜麻は自然の降雨のみで生育します。水やり目的で、川や湖、さらには地下からポンプでくみ上げるような灌漑事業は必要ないので、経済と環境の両方面で負荷が少なく、とても持続的な植物です。また種からは亜麻仁油が絞れるなど、無駄になる部分の少ない農作物の優等生と言われています。フランスが最大の栽培地で、その中心はベルギーにまたがるフランダース地方です。現在オランダを加えたこの三国で世界のフラックスの85%を栽培しています。

 

Flax flowering. The seeds can be used to produce flaxseed oil, which is an excellent agricultural crop that has no parts to be thrown away.

亜麻の開花の様子。種子からは亜麻仁油が採れるなど、 捨てる箇所のない農作物の優等生

    

Flax stalks refined after harvesting. The fiber contained within becomes linen, which is a very difficult process that requires many steps and know-how to extract.

収穫後に精錬された亜麻の茎。この中に入っている繊維がリネンとなるのだが、取り出すのには多くの工程とノウハウがあり、とても難しい作業である。

    

A fiber bundle called sliver before being spun into yarn. It is shiny and very beautiful. It is smooth, supple, soft, and warm.糸に紡がれる前のスライバーと呼ばれる繊維束。光沢があってとても美しい。サラッとしていてしなやかで柔らかく、温かみもある

    

History tells the value of linen

歴史が語るリネンの価値

Linen has a long history and is said to be the oldest fiber in the world. Today, it is the only vegetable fiber produced in Europe, and it is also a rare fiber, accounting for only 0.4% of all fibers used in the world. Linen, with its long history and rarity, has been closely associated with many historical figures. In ancient Egypt, linen was treated as a sacred fabric, and murals of its cultivation can still be seen in the pyramids. The mummy of Tutankhamun, the great discovery of the century, was dressed in pure white linen, a symbol of holiness. Alexander the Great of Greece and Macedonia successfully expanded his territory by making linothorax, a very hard armor made of layers of linen cloth and oxidized with linseed oil. It is said that Julius Caesar was so impressed by the high quality of linen fabrics in Flanders, which he visited during the Gallic Wars, that he gave the country its name, Berrigy. The Turin Sacred Cloth, which is said to have wrapped the body of "Jesus Christ," is made of linen. The Bayeux Tapestry, a famous historical artifact of 11th century France and England, is a 50cm wide by 70m long linen cloth embroidered with a magnificent story. The Bayeux Tapestry is a famous historical artifact of 11th century France and England. In modern times, Queen Elizabeth wore a white plain-weave linen garment called the Corrobium Sindonis at her coronation, in keeping with the tradition of the British royal family. Linen has been used for sacred occasions since ancient times and has been used by historical figures on important occasions. Today, linen is treated as an important textile, so much so that it is sold as antique linen and vintage linen.

リネンの歴史は古く、世界最古の繊維と言われています。また、今日ではヨーロッパで作られる唯一の植物繊維であり、世界中で使われている様々な種類の繊維ある中でわずか0.4%のシェアしかない稀少な繊維でもあります。長い歴史があり、なおかつ稀少性のあるリネンは数々の歴史上の人物とも深い関係があります。「古代エジプト」では神聖な布として扱われ、ピラミッドにはその栽培の様子が壁画として残っています。また、世紀の大発見であるツタンカーメンのミイラの包帯は神聖を表す真っ白なリネンでした。ギリシア・マケドニアの「アレキサンダー大王」は、リノトラクス(linothorax)というリネン布を何層にも重ねて亜麻仁油で酸化させた大変硬度の高い鎧を作り、領土の拡大に成功しました。「ジュリアス・シーザー」はガリア戦争で訪れたフランドル地域のリネン織物の品質の高さに感銘を受けたことがベルギーという国名の由来となったと言われています。「イエス・キリスト」の遺体を包んだと言われるトリノの聖骸布はリネンの織物です。トランプカードのキングの絵柄にもなっているフランク王国の「カール大帝」は各家庭でリネンを織り、自給することを求めた法律を定めました。11世紀のフランスとイギリスに関わる歴史遺物として有名なバイユーのタペストリーは幅50cm、長さ70mのリネン布にその壮大な物語の刺繍が施されています。現代では「エリザベス女王」が戴冠式でイギリス王室の伝統にのっとり、コロビウム シンドニスという白い平織りのリネン衣服を纏いました。このように古い時代から神聖な場で使われ、歴史上の人物たちも重要な場面で使ってきたのが、リネンという織物なのです。そして、現在ではアンティークリネンやヴィンテージリネンとして年月を経たものが売買されるほど、大切な織物として扱われています。

  

Mural depicts flax cultivation

壁画には亜麻栽培の様子が描かれている

   

In the time of Alexander the Great, linen armor was the standard defensive equipment of the heavily armed infantry armies of the Greek city-states 

アレキサンダー大王の時代、リネンの鎧はギリシャの都市国家の重装歩兵軍の標準的な防御装備であった  

    

 

The Flemish region was called Bel'ch, which means flax in Celtic. It is said that Caesar named the people of the land "Belgians.

ケルト語で亜麻を意味するBel'chと呼ばれていたフランドル地域。シーザーがその土地の人をベルギー人と名付けたと言われている

  

   

The New Testament (Gospel of Mark 16; 46) tells us that Joseph took Jesus down from the cross and wrapped him in linen fabric

新約聖書(マルコ福音書16;46)にはヨセフがイエスを 十字架から降ろしてリネン織物でくるんだと記されている

   

The King of Hearts is said to be modeled after Karl the Great.

ハートのキングはカール大帝がモデルと言われる

  

 

Hand-embroidered story of the succession to the throne of Edward, King of England, leading up to the conquest of England by Guillaume, Duke of Normandy. 

イングランドの王エドワードの王位継承の物語で、ノルマンディー公ギヨームがイングランドを征服するに至るまでの経緯が手刺繍で描かれている 

   

   

Queen Elizabeth in plain linen "colobium sindonis" at her coronation in 1953

1953年の戴冠式でプレーンリネンの「colobium sindonis」を着たエリザベス女王 

     

Reasons for the flower language of gratitude and kindness

感謝、親切という花言葉の理由

So why was linen used on so many sacred and important occasions throughout history? The reason is summed up in the language of flowers. The language of flowers of flax is "gratitude" and "kindness. This plant is a very useful plant with very few parts to throw away. The seeds, called flaxseed, become linseed oil, varnish, and linoleum; the fibers become yarn, paper, and mats; other by-products become gardening and insulation materials; and the last remaining parts are compost. As described above, flax is a very useful plant for human life. It is no wonder that the language of flowers means gratitude and kindness. Linen is a precious fiber from such an important plant. It seems only natural that humanity would want to respect it. This will continue to be the case in the future.

それでは何故、リネンはそれほどまでに歴史上神聖な場や重要な場で使われたのでしょうか?それは、亜麻の花言葉にその理由が集約されています。亜麻の花言葉は、「感謝」・「親切」です。この植物は捨てる部分がほとんどなく、大変役に立つ植物なのです。亜麻仁と呼ばれる種は亜麻仁油、ワニス、リノリウムになり、繊維は糸、紙、マットになり、その他副産物はガーデニング材や断熱材となり、最後に残った部分はコンポストになります。以上のように人間が生活する上で非常に役立つ植物が亜麻なのです。花言葉が、感謝や親切というのも納得です。そのような重要な植物から採れる貴重な繊維であるリネン。人類が尊重したくなるのも当たり前と思われます。これは今後も続いていくことでしょう。

The dainty little flowers are also ephemeral, falling off in a few hours after they bloom in the morning.

可憐な小さい花は朝方に開花したら数時間後には散ってしまう儚い花でもある

  

Why are people attracted to linen?

どうして人々はリネンに魅了されるのか

And while linen has become such an object of appreciation, there is another reason why it has captured the hearts and minds of people for such a long period of time since the beginning of time. It is because the functions and properties of linen enrich people's hearts and minds. Let us list some of the reasons.

また、このように感謝の対象になったリネンですが、有史以来の長期にわたって人々の心を捉えているのには、別の理由もあります。それは、リネンの持つ機能や性質が、人々の心に豊かさをもたらしているからです。その理由を幾つか列挙してみます。

   

1. "Peace of mind" because it is clean and usable

Linen is absorbent and dries quickly, making it suitable for dishcloths and towels for wiping the body, as it prevents the growth of bacteria. It also has the characteristic of fibers that become whiter and whiter with repeated washing. Linen is a textile that is not only easy to use but also looks clean.

1.清潔に使えるからこその”安心感”

リネンは吸水力があって乾きが早いので、雑菌の繁殖が抑えられて食器を拭くふきんや身体を拭くタオルに向いています。また、洗濯を繰り返すことで、どんどん繊維が白くなる特徴もあります。使い勝手だけでなく、その見た目からも清潔感溢れる織物がリネンなのです。

 

Highly absorbent and dries quickly, so it is always clean.

吸水と乾きの両方が速いので、いつもカラっとしていて気持ちいい

   

2. "Trustworthiness" because it's long-lasting

The more linen is used and washed, the softer and softer the fibers become. When new, linen has a firmness, but after years of use, it becomes surprisingly soft and pleasant to the touch, making it a pleasure to use. In addition, the naturally uneven and uneven yarns give the fabric a rustic appearance, but in fact, it can be used for a long time without getting tired of it.

2.長く使えるからこその”信頼感”

リネンは使い込むほどに、洗い込むほどに繊維がほぐれて柔らかくなっていくという性質があります。新品のうちはハリコシがありますが、長年使い込むと驚くほど柔らかく、手触りのよい布になり、使うのが楽しくなります。また、自然な凹凸のある不均一な糸は織物を素朴な見た目にしますが、かえって飽きずに長く使えます。

 

The more you wash it, the softer it gets, so you can enjoy the time to nurture its texture.  

洗えば洗うほど、柔らかくなるので、風合いを育てる時間が楽しくなる

    

3. "Happiness" because it's healthy to use.

Linen is highly breathable and moisture absorbent, allowing the skin to breathe freely. This means that linen is warm in winter and cool in summer, keeping you comfortable throughout the year. The fiber itself is also smooth, so dust, sand, and hair are less likely to adhere to it, making it an easy fabric to control the onset of allergies.

3.健康的に使えるからこその”幸福感”

リネンは通気性と吸湿性が高いので、皮膚が自由に呼吸することができます。そのため、冬には温かく、夏には涼しく、一年を通じて快適さを保ってくれます。また、繊維自体がサラッとしているので、埃や砂、あるいは髪の毛などが付着しにくく、アレルギーなどの発症を抑えやすい織物でもあります。

 

Linen bedding that feels dry to the touch and allows for a good night's sleep without getting damp.

肌触りがサラッとしていてムレずにぐっすり眠れるリネンの寝具

   

As mentioned above, the benefit of using linen is to improve both mental and physical health. This is the main reason why linen has been loved by people from ancient times to the present day.

以上のようにリネンを使うことの効用は、心も体も健康になることです。これこそが、リネンの魅力です。古代から現代に至るまで、人々に愛され続けてきた最大の理由だと思います。

   

    

Tenjin-Factory's Linen Fabrics

テンジンファクトリーのリネン織物    

1. Raw Materials

The raw materials used to make textiles are vital. Good raw materials produce good yarn, which in turn produces good fabric. France and Belgium are major producers of flax, the raw material for linen yarn, and they continue to grow the best flax in Europe. We use yarn spun from this flax.

1.原料

テキスタイル作りに使う糸は原料が命です。良い原料からよい糸が作られ、よい布になります。リネン糸の原料になる亜麻(フラックス)の一大産地であるフランス、ベルギーは今も昔もヨーロッパの中では最も良質な亜麻を栽培しています。その亜麻から紡績された糸を使用しています。

 

Oeko-Tex certified linen yarn of high quality European raw material  

エコテックス認証の良質なヨーロッパ原料のリネン糸

  

2. Design

Seeing and touching can change a person's mind. We have all had the experience of feeling happy and energized just by looking at something, or feeling pleasant and healed just by touching it. I believe that is what is at the core of what we do when we design.

2.デザイン

見たり、触ったりすることで、人の心は変化します。見るだけで気持ちが楽しくなり元気が出たり、触るだけで気持ち良くて癒されたり、といった経験は誰にでもあることでしょう。デザインをする時に、核になるのはそのようなことだと思っています。

 

We aim to create a design that makes you want to touch it.   

思わず触れたくなってしまうデザインを目指している

   

3. Craftsmanship

Because linen is a naturally occurring material, no two pieces of linen are the same. In the dyeing process, it is difficult to produce the same color due to differences in temperature, humidity, and air pressure, etc. In the weaving process, the condition of the woven cloth changes from time to time due to changes in the condition of the yarn. The best way to maintain quality in response to such unforeseen changes in conditions is to do it by hand. Human workers are able to respond flexibly to the situation at any given time.

3.職人

リネンは自然由来のものなので、同じ状態のものはありません。染色工程では、気温、湿度、気圧などの違いで同じ色を出すのは困難ですし、製織工程においては時々刻々と糸の状態の変化によって織り上がる布の状況は変わります。このような不測の状況変化に対応して品質を維持するのには、人の手で行うのが最良です。人ならば、その時その時の状況に合わせて臨機応変に対応することができます。

More processes are done by hand  

より多くの工程を手作業で行っている

  

4 Tools

Tools are only an aid to humans. The subject is the person. The best linen fabrics are produced by skillful use of tools. In this respect, shuttle looms are the closest to handlooms and can efficiently weave soft and warm fabrics. The selvedges,  the both edges of the cloth, are the distinguishing mark. It is also a sign that it is made the same way as antique linen.

4.道具

道具は人間の作業を手助けしてくれる強い味方です。そういう意味で手の延長とも言えます。昔ながらのシャトル織機は手織りに一番近く、ふんわりとした温かみのある織物が効率よく織れる最適な道具です。セルビッチと言われる織物の耳がその目印です。それは、アンティークのリネンと同じ作りである証しでもあります。

 

Shuttle looms are no longer manufactured today. Shuttle is a tool used to weave weft yarns

現在では製造されていないシャトル織機。シャトルとは横糸を織り込むための道具のこと

  

The selvedges at both ends are proof that this is woven by the shuttle loom like an old-fashioned cloth

両端に耳(セルビッチ)のあることが、昔ながらの布である証し

 

      

Learning from Linens

リネンが教えてくれたこと     

The flax plant, from which linen is made, grows only with nutrients from the soil and natural rainfall. In other words, when we make or use linen products, we humans are temporarily utilizing something that the earth has nurtured. From another perspective, it can be said that we are being temporarily lent. What is borrowed must always be returned in its original state. One-way production and consumption can only lead to bankruptcy. Resources on the earth are limited. I believe that circulating them is necessary to realize a sustainable world. This is what I have learned through the production of linen textiles.

リネンの原料の亜麻という植物は、土壌の栄養分と自然の降雨だけで育ちます。つまり、リネンの製品を作ったり、使ったりすることは、地球が育んだものを我々人間が一時的に活用させてもらっているということです。別の視点では、一時的に貸してもらっているとも言えます。借りたものは必ず元の状態で返さなければなりません。一方通行の生産や消費の行きつくところは、破綻でしかありません。地球上にある資源は限られています。それらを循環させることが持続的な世界の実現には必要だと思います。こうしたことを、リネンの織物つくりを通じて学びました。

    

   

Finally, a piece of linen in the daily routine.
それでは最後に日常のリネンの一コマ。
  
TENJIN-factory weaves many kind of linen fabrics every day
テンジンファクトリーでは、日々多くのリネンを織っています
  
   
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's linen textiles will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
  
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーのリネン織物が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。

Older Post

RSS