The Routine Linen

日常のリネン

 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

 

Good-sized Blanket 

ハーフブランケット

 I think everyone has had the experience of sitting on a chair or sofa and only your feet are cold. If you are reading or eating, you can't concentrate because of the coldness of your feet. At such times, just having a blanket can be very helpful. In this article, I would like to introduce a blanket that can keep you warm easily.
椅子やソファに腰かけていて足元だけが寒いという経験は誰もが持っていると思います。読書をしていたり、食事をしていたら、足元の寒さが気になって集中できません。そのような時にブランケットが1枚あるだけで大変助かります。今回は、そんな手軽に暖をとれるブランケットをご紹介します。
 
   
Good-sized  
ちょうどいいサイズ
 
First of all, the size is 130cm wide and 140cm tall. When you are sitting on a chair, it completely covers you from the waist to the feet.
先ず、サイズはよこ130cm、たて140cmです。椅子に腰かけた状態ですっぽりと腰から足元までを包み込むサイズになっています。
   
      
Lamb's wool, a delicate wool 
繊細な羊毛のラムウール
   
Now let's talk about the materials.
それでは、素材のことについて。
The lambs wool used in this blanket is from lambs raised in Australia and spun in Japan. The delicate yarn of the child's wool takes in more air, and the air trapped in the blanket is warmed by our body heat, and that warmth envelops us completely. Thanks to the blanket, we can have a comfortable time.
このブランケットに使われているラムウールは、オーストラリアで育てられた子羊の羊毛を日本で紡績したものです。子供の毛ならではの繊細な糸がより多くの空気を取り込み、ブランケットに閉じ込めれれた空気は我々の体温で温められ、そしてその暖気が身体をすっぽり包み込みます。ブランケットがあるおかげで、快適に過ごせる時間があるということですね。
    
   
Weaving patterns into fabric 
布に文様を織り込む
    
 Let's take a look at the details right away. This blanket is woven with Jacquard weave. In a nutshell, jacquard weaving is a technique of drawing patterns by changing the weave. 
早速、細部について見ていきましょう。このブランケットはジャカード織りで織られています。ジャカード織りというのは、一言でいうと「織りの変化で文様を描く技法」です。
There are many strings hanging from the top, which is a piece of jacquard device.
上部からたくさんの紐が吊るされていますが、これはジャカードの装置の一部分です。
  
This time, we used this jacquard to create a mosaic-like pattern.
今回は、このジャカードで、モザイク調の柄を作りました。
   
  
 
Now, let me briefly explain how this is made. For Jacquard weaving, a design document is required. This is called a pattern paper. In the past, it was really made of paper, but now it is digital data. The movement of the warp threads up and down and the order in which the weft threads are woven in are converted into data.
さて、これがどのようにして作られているのかを簡単に解説します。ジャカード織りには設計書が必要になります。これを紋紙と呼びます。昔は本当に紙を使っていましたが、現在はデジタルのデータになっています。タテ糸の上げ下げの動きやよこ糸を織り込む順番などがデータ化されます。
The design is created in bitmap format, so if you try to draw a circle, the edge will be jagged. However, when it is woven, it looks round, which is strange. The above is the edge of the blanket, which looks like a rope.
ビットマップ型式で図案を作成するので、円を描こうとすると淵がギザギザになってしまいます。しかし、織物になるとちゃんと丸く見えるので不思議です。上記はブランケットになると端部分の縄状に見える箇所になります。
  
  
Here is the next data.
次のデータはこちらです。
When it comes to the actual fabric,
実際に織物になると、
It is the large area in the image above. Can you see the waffle weave? It is a double-weave waffle. The inside is hollow, which allows air to be stored, regulating the natural temperature.
上画像の大きな面積の部分です。ワッフル織りとわかるでしょか?二重織りのワッフルになっています。内部は中空で、空気をためることができ、自然な温度調整をします。
   
 
The next data is here.
次のデータはこちら。 
When it comes to the actual fabric,
織物になると、
Compared to the data, You must have the impression that there are more warp threads. This is fun of textiles. There is a slight gap between the image in the data and the reality. This is also a double weave, so air is stored inside.
データに比べると、タテ糸が多く出ている印象ですね。これが、織物の奥深さです。データでのイメージと実際とに多少のギャップが生まれます。ここも二重織りなので、内部に空気をため込みます。
 
 
In addition, the following.
さらに、次です。
When it comes to the actual fabric, 
織物は、
It looks completely different from the data. This is a plain weave, double-layered structure. The inside is also hollow here.
見た目は、データと全然違います。これは平織りの二重組織です。ここも内部は中空です。
   
   
I hope you have understood why Jacquard weaving is a technique to draw patterns by changing the weave. 
以上、ジャカード織りが織りの変化で文様を描く技法である所以がご理解いただけたでしょうか?
   
   
Natural temperature control is the most comfortable. 
自然な温度調節が一番心地よい
  
This blanket uses delicate lambswool as the weft yarn, and a hollow layer is created by jacquard weaving. The warmth of the wool and the natural temperature regulation of the hollow layer will keep you warm.
 このブランケットは、繊細なラムウールをよこ糸に使用して、ジャカード織りで中空層を作っています。ウールの持つ保温性と中空層のよる自然な温度調節が、身体を温めます。
Depending on the combination of weave structure and material, the unevenness of each part differs, and the shade appears clearly on the cloth. This is one of the charms of Jacquard weaving.
織り方(組織)と素材の組み合わせによって各部分の凹凸の出方が異なり、布に陰影がハッキリと現れる。これが、ジャカード織りの魅力の一つ。
  
  

Finally, a piece of linen in the daily routine.

それでは最後に日常のリネンの一コマ。

  
  
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's "Good-sized Blanket" will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「ハーフブランケット」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらへ。
Read more

 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

 

Good-sized Blanket 

ハーフブランケット

 I think everyone has had the experience of sitting on a chair or sofa and only your feet are cold. If you are reading or eating, you can't concentrate because of the coldness of your feet. At such times, just having a blanket can be very helpful. In this article, I would like to introduce a blanket that can keep you warm easily.
椅子やソファに腰かけていて足元だけが寒いという経験は誰もが持っていると思います。読書をしていたり、食事をしていたら、足元の寒さが気になって集中できません。そのような時にブランケットが1枚あるだけで大変助かります。今回は、そんな手軽に暖をとれるブランケットをご紹介します。
 
   
Good-sized  
ちょうどいいサイズ
 
First of all, the size is 130cm wide and 140cm tall. When you are sitting on a chair, it completely covers you from the waist to the feet.
先ず、サイズはよこ130cm、たて140cmです。椅子に腰かけた状態ですっぽりと腰から足元までを包み込むサイズになっています。
   
      
Lamb's wool, a delicate wool 
繊細な羊毛のラムウール
   
Now let's talk about the materials.
それでは、素材のことについて。
The lambs wool used in this blanket is from lambs raised in Australia and spun in Japan. The delicate yarn of the child's wool takes in more air, and the air trapped in the blanket is warmed by our body heat, and that warmth envelops us completely. Thanks to the blanket, we can have a comfortable time.
このブランケットに使われているラムウールは、オーストラリアで育てられた子羊の羊毛を日本で紡績したものです。子供の毛ならではの繊細な糸がより多くの空気を取り込み、ブランケットに閉じ込めれれた空気は我々の体温で温められ、そしてその暖気が身体をすっぽり包み込みます。ブランケットがあるおかげで、快適に過ごせる時間があるということですね。
    
   
Weaving patterns into fabric 
布に文様を織り込む
    
 Let's take a look at the details right away. This blanket is woven with Jacquard weave. In a nutshell, jacquard weaving is a technique of drawing patterns by changing the weave. 
早速、細部について見ていきましょう。このブランケットはジャカード織りで織られています。ジャカード織りというのは、一言でいうと「織りの変化で文様を描く技法」です。
There are many strings hanging from the top, which is a piece of jacquard device.
上部からたくさんの紐が吊るされていますが、これはジャカードの装置の一部分です。
  
This time, we used this jacquard to create a mosaic-like pattern.
今回は、このジャカードで、モザイク調の柄を作りました。
   
  
 
Now, let me briefly explain how this is made. For Jacquard weaving, a design document is required. This is called a pattern paper. In the past, it was really made of paper, but now it is digital data. The movement of the warp threads up and down and the order in which the weft threads are woven in are converted into data.
さて、これがどのようにして作られているのかを簡単に解説します。ジャカード織りには設計書が必要になります。これを紋紙と呼びます。昔は本当に紙を使っていましたが、現在はデジタルのデータになっています。タテ糸の上げ下げの動きやよこ糸を織り込む順番などがデータ化されます。
The design is created in bitmap format, so if you try to draw a circle, the edge will be jagged. However, when it is woven, it looks round, which is strange. The above is the edge of the blanket, which looks like a rope.
ビットマップ型式で図案を作成するので、円を描こうとすると淵がギザギザになってしまいます。しかし、織物になるとちゃんと丸く見えるので不思議です。上記はブランケットになると端部分の縄状に見える箇所になります。
  
  
Here is the next data.
次のデータはこちらです。
When it comes to the actual fabric,
実際に織物になると、
It is the large area in the image above. Can you see the waffle weave? It is a double-weave waffle. The inside is hollow, which allows air to be stored, regulating the natural temperature.
上画像の大きな面積の部分です。ワッフル織りとわかるでしょか?二重織りのワッフルになっています。内部は中空で、空気をためることができ、自然な温度調整をします。
   
 
The next data is here.
次のデータはこちら。 
When it comes to the actual fabric,
織物になると、
Compared to the data, You must have the impression that there are more warp threads. This is fun of textiles. There is a slight gap between the image in the data and the reality. This is also a double weave, so air is stored inside.
データに比べると、タテ糸が多く出ている印象ですね。これが、織物の奥深さです。データでのイメージと実際とに多少のギャップが生まれます。ここも二重織りなので、内部に空気をため込みます。
 
 
In addition, the following.
さらに、次です。
When it comes to the actual fabric, 
織物は、
It looks completely different from the data. This is a plain weave, double-layered structure. The inside is also hollow here.
見た目は、データと全然違います。これは平織りの二重組織です。ここも内部は中空です。
   
   
I hope you have understood why Jacquard weaving is a technique to draw patterns by changing the weave. 
以上、ジャカード織りが織りの変化で文様を描く技法である所以がご理解いただけたでしょうか?
   
   
Natural temperature control is the most comfortable. 
自然な温度調節が一番心地よい
  
This blanket uses delicate lambswool as the weft yarn, and a hollow layer is created by jacquard weaving. The warmth of the wool and the natural temperature regulation of the hollow layer will keep you warm.
 このブランケットは、繊細なラムウールをよこ糸に使用して、ジャカード織りで中空層を作っています。ウールの持つ保温性と中空層のよる自然な温度調節が、身体を温めます。
Depending on the combination of weave structure and material, the unevenness of each part differs, and the shade appears clearly on the cloth. This is one of the charms of Jacquard weaving.
織り方(組織)と素材の組み合わせによって各部分の凹凸の出方が異なり、布に陰影がハッキリと現れる。これが、ジャカード織りの魅力の一つ。
  
  

Finally, a piece of linen in the daily routine.

それでは最後に日常のリネンの一コマ。

  
  
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's "Good-sized Blanket" will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「ハーフブランケット」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらへ。
Read more

 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

   

This time, I would like to introduce a linen tablecloth. Your favorite table can be used comfortably as it is, but sometimes a tablecloth can change the atmosphere of the place as if a person dressed in formal clothes. It would be wonderful if we could change the tablecloth as we change our clothes.   

さて、今回は、リネンのテーブルクロスのご紹介です。お気に入りのテーブルはそのままでも心地よく使えますが、時折、テーブルクロスを纏うと人が正装をしたようにガラッとその場の雰囲気が変わることがあります。服を着替えるようにテーブルクロスも着替えられたら素敵ですね。

  

  

  

   

This tablecloth features a pattern woven like a picture frame. The four sides are surrounded by stripes like the frame of a painting.   

こちらのテーブルクロスは、柄が額縁に織り上げているのが特徴です。絵画の額のように四辺をストライプで囲っています。

   

Let's take a look at the details. When we weave the cloth, we join all the pieces together, so they are connected as shown in the picture. The thin line in the middle is used to cut each piece into pieces.   

細部を見てみましょう。布を織る時には、全部繋げて織っていますので、写真のようにつなっがています。真ん中の細い線で1枚ずつに切り分けています。

  

      

Cut with scissors here.

ここでハサミで切ります。

  

    

Next, let's look at how this is woven in succession. The white cylindrical object with a hole in the upper left corner is called a dobby paper, which is mainly used to instruct the warp to be raised and lowered, but it can also be used to instruct the weft to be woven in.

 次に、これをどうやって連続して織っているのかを見てみましょう。左上の白い穴の開いた筒状の物体は、ドビーペーパーと言って主にタテ糸の上げ下げを指示しますが、他にヨコ糸の織り込む順番も指示ができます。

  

  

When the wooden boards are pulled up, the warp threads, which are interlocked with them, are also pulled up. 

木の板を引き上げるとタテ糸が持ち上げられます。 

  

  

 It is interlocked with the warp like this.

こんな感じで経糸と連動しています。

  

  

By the way, the dobby paper looks like this when you look at it up close.  

さて、ドビーペーパーですが、近くで見るとこんな感じになっています。

  

 

One row of squares surrounded by the red and black lines is equivalent to two weft threads. These holes are drilled by hand, row by row, although a special machine is used. For regular cloth, use a tube about this size.

これを使って布を織るのですが、赤線と黒線で囲われているマス目の1列分がヨコ糸の2本分に相当します。この穴は、専用の機械を使いますが、一列ずつ手作業で開けます。普通の布は、このくらいの大きさの筒を使います。

 

    

This is the size that we will use for this picture frame type. You can see that it takes a lot of time and effort.  

  今回の額縁タイプに使うのは、この大きさになっています。職人の労力が忍ばれます。

 

    

  

This can be used to make a picture frame pattern cloth. 

これを織機に設置して織り上げるとこ額縁の柄になります。

  

   

Finally, a piece of linen in the daily routine.
最後に、日常の中のリネンの一コマ。   
  
   
    
    
    
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's "Linen Tablecloth" will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「リネンテーブルクロス」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらへ。

 

Read more

 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

   

This time, I would like to introduce a linen tablecloth. Your favorite table can be used comfortably as it is, but sometimes a tablecloth can change the atmosphere of the place as if a person dressed in formal clothes. It would be wonderful if we could change the tablecloth as we change our clothes.   

さて、今回は、リネンのテーブルクロスのご紹介です。お気に入りのテーブルはそのままでも心地よく使えますが、時折、テーブルクロスを纏うと人が正装をしたようにガラッとその場の雰囲気が変わることがあります。服を着替えるようにテーブルクロスも着替えられたら素敵ですね。

  

  

  

   

This tablecloth features a pattern woven like a picture frame. The four sides are surrounded by stripes like the frame of a painting.   

こちらのテーブルクロスは、柄が額縁に織り上げているのが特徴です。絵画の額のように四辺をストライプで囲っています。

   

Let's take a look at the details. When we weave the cloth, we join all the pieces together, so they are connected as shown in the picture. The thin line in the middle is used to cut each piece into pieces.   

細部を見てみましょう。布を織る時には、全部繋げて織っていますので、写真のようにつなっがています。真ん中の細い線で1枚ずつに切り分けています。

  

      

Cut with scissors here.

ここでハサミで切ります。

  

    

Next, let's look at how this is woven in succession. The white cylindrical object with a hole in the upper left corner is called a dobby paper, which is mainly used to instruct the warp to be raised and lowered, but it can also be used to instruct the weft to be woven in.

 次に、これをどうやって連続して織っているのかを見てみましょう。左上の白い穴の開いた筒状の物体は、ドビーペーパーと言って主にタテ糸の上げ下げを指示しますが、他にヨコ糸の織り込む順番も指示ができます。

  

  

When the wooden boards are pulled up, the warp threads, which are interlocked with them, are also pulled up. 

木の板を引き上げるとタテ糸が持ち上げられます。 

  

  

 It is interlocked with the warp like this.

こんな感じで経糸と連動しています。

  

  

By the way, the dobby paper looks like this when you look at it up close.  

さて、ドビーペーパーですが、近くで見るとこんな感じになっています。

  

 

One row of squares surrounded by the red and black lines is equivalent to two weft threads. These holes are drilled by hand, row by row, although a special machine is used. For regular cloth, use a tube about this size.

これを使って布を織るのですが、赤線と黒線で囲われているマス目の1列分がヨコ糸の2本分に相当します。この穴は、専用の機械を使いますが、一列ずつ手作業で開けます。普通の布は、このくらいの大きさの筒を使います。

 

    

This is the size that we will use for this picture frame type. You can see that it takes a lot of time and effort.  

  今回の額縁タイプに使うのは、この大きさになっています。職人の労力が忍ばれます。

 

    

  

This can be used to make a picture frame pattern cloth. 

これを織機に設置して織り上げるとこ額縁の柄になります。

  

   

Finally, a piece of linen in the daily routine.
最後に、日常の中のリネンの一コマ。   
  
   
    
    
    
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's "Linen Tablecloth" will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「リネンテーブルクロス」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらへ。

 

Read more

 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

                                 

This time, I'd like to introduce a Jacquard  woven double gauze blanket. This blanket is large enough to be used in bed. It is thin and light, and can be easily washed, making it ideal for cooling down on hot summer days. In other seasons, you can use this convenient blanket as a cover over a quilt to decorate your bedroom.
さて、今回は「 ジャカードダブルガーゼブランケット 」のご紹介です。
このブランケットは、大きいサイズなので、ベッドで使えます。薄くて軽く、洗濯も気軽にできるので、夏の暑い日の冷房冷え対策には最適です。それ以外の季節には、かけ布団の上にカバーとして使えば、寝室のインテリアにもなる便利なブランケットです。

                                   

Let's look at the details first.
さっそく、細部から見てみましょう。
                           
These are  the top and bottom ends of the blanket  - the head side and the foot side. The plain weave is rolled in to define the edges. The red line for one thread is a particular feature.
これは、ブランケットの上下の両端部分、つまり、頭側と足側です。平織を巻き込んでエッジを明確にしています。糸一本分の赤いラインがこだわりです。
    
                   
This is the 3.55"(9cm) length hem of waffle weave adjacent to the edge above. The waffle weave is wrapped and sewn here, so it is thick and stable, but soft and pleasant to the touch.
先ほどのエッジ部分に隣接している巾9cmほどのワッフル織り部分です。ここはワッフル織りを巻き込んで縫っているので、厚く安定感ありますが、やわらかくて手触りがよい部分です。
                       
             
This is the double portion of the waffle weave. The double layer creates a soft layer of air.  
ワッフル織りの二重部分です。二重なので、やわらかく空気の層を作ります。
                     
              
This is a double satin weave. Satin is originally a very soft weave. The double weave makes it even softer. Also there is air inside.
こちらは、朱子織り、サテンとも言いますが、それの二重織りです。サテンはもともと非常に柔らかな織り方です。それを二重構造にしてるので、さらに柔らかくなっています。中には空気が入っています。 
               
                        
It's a little hard to see, but this is the part where the device to weave weft yarns densely is activated, called "winding stop". The difference in shrinkage between the densely woven part and the non-densely woven part is used to create fine wrinkles and a three-dimensional effect. This area is also based on satin.
少しわかりにくいですが、ここには”巻き取り停止”、通常ストップと言って、部分的にヨコ糸を密に織り込む装置を起動させて織った部分です。密になった部分とそうでない部分の収縮差を利用して細かなシワを発生させ、立体感を演出しています。ここもサテンがベースです。
        
             
Next, let's talk about the materials used.
次は、使われている材料についてです。
            
                         
The warp is made of cotton. And it is processed by the TZ acidic enzyme method to make it white and water absorbent.
The TZ acidic enzyme process is a human- and environment-friendly process that involves scouring and bleaching with natural enzymes and acids of the level used for cooking.
タテ糸は、綿です。それにTZ酸性酵素法による加工を施して白くて吸水力のある糸にしています。
TZ酸性酵素法とは、料理に使用する程度の酸と天然の酵素で精練、漂白を行う、
人体や環境にやさしい加工です。
          
                        
A human hair is said to be about 50 denier (a unit of thread thickness), so we can say that this cotton thread is roughly the thickness of two hairs.
髪の毛は約50デニール(糸の太さの単位)と言われているので、この綿糸はおおよそ髪の毛2本分の太さだと思ってください。
           
                        
About weft yarn.
こちらが、ヨコ糸です。
The weft is made of yarn spun from flax grown in Europe. Although flax can be grown in Japan, the climate and terroir of Europe seem to be more suitable for extracting its fibers.
ヨコ糸は、ヨーローッパ産のフラックスを原料に紡績された糸を使用しています。フラックス(flax、亜麻)は、日本でも栽培できますが、その繊維を取り出すには、ヨーロッパの気候と風土が適しているようです。
       
                        
Flax growing in a small flower bed of our factory at the foot of Mount Fuji
富士山の麓にある弊社工場の小さな花壇で育ったフラックス
    
Then, about Jacquard.
This is a special device used in textile making. It can be used to weave a variety of patterns. The patterns on this blanket and the various double weaves mentioned above were made on a loom equipped with this device.     
そして、ジャカードのことについて少々。
ジャカードとは織物作りに使う特殊装置のことです。これを使うと様々な文様を織り込むことができます。このブランケットの模様や上述した各種の二重織りはこの装置が設置された織り機で作られました。
This is "Jacquard".
これがジャカードです。
    
    
The bottom side looks like this. The strings you see are not warp threads. It is a string used to raise and lower the warp. There are specialized craftsmen to install them. 
下から見るとこんな感じです。見えている紐は経糸ではありません。経糸を上げ下げするための紐です。これを設置するための専門の職人さんもいます。
  
Finishing by human hands 
人の手で仕上げる
Up to this point, we have been looking at processes that are performed rather by machines. The cloth made by running machines is always turned into a finished product by human hands in order to make it into a product. This is the case with all Teniin-factory's products. 
ここまでは、どちらかというと機械が行う工程を見てきました。機械を動かして作った布は、それを製品に仕立てるためには、必ず人の手によって完成品となります。テンジンファクトリーの製品は全てそうです。
Each step of the process, from cutting, sewing, washing, brushing, ironing, to the final inspection, is always done by hand and with the eyes.
裁断をはじめ、縫製、製品洗い、ブラッシング、アイロンがけ、そして最後の検品作業に至る各工程は必ず人が手と目を使って行っています。
  
  
Finally, a piece of linen in the daily routine.
最後に、日常の中のリネンの一コマ。   
  
   
    
    
    
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's "Jacquard Double Gauze Blanket" will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「ジャカードダブルガーゼブランケット」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらへ。
Read more

 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

                                 

This time, I'd like to introduce a Jacquard  woven double gauze blanket. This blanket is large enough to be used in bed. It is thin and light, and can be easily washed, making it ideal for cooling down on hot summer days. In other seasons, you can use this convenient blanket as a cover over a quilt to decorate your bedroom.
さて、今回は「 ジャカードダブルガーゼブランケット 」のご紹介です。
このブランケットは、大きいサイズなので、ベッドで使えます。薄くて軽く、洗濯も気軽にできるので、夏の暑い日の冷房冷え対策には最適です。それ以外の季節には、かけ布団の上にカバーとして使えば、寝室のインテリアにもなる便利なブランケットです。

                                   

Let's look at the details first.
さっそく、細部から見てみましょう。
                           
These are  the top and bottom ends of the blanket  - the head side and the foot side. The plain weave is rolled in to define the edges. The red line for one thread is a particular feature.
これは、ブランケットの上下の両端部分、つまり、頭側と足側です。平織を巻き込んでエッジを明確にしています。糸一本分の赤いラインがこだわりです。
    
                   
This is the 3.55"(9cm) length hem of waffle weave adjacent to the edge above. The waffle weave is wrapped and sewn here, so it is thick and stable, but soft and pleasant to the touch.
先ほどのエッジ部分に隣接している巾9cmほどのワッフル織り部分です。ここはワッフル織りを巻き込んで縫っているので、厚く安定感ありますが、やわらかくて手触りがよい部分です。
                       
             
This is the double portion of the waffle weave. The double layer creates a soft layer of air.  
ワッフル織りの二重部分です。二重なので、やわらかく空気の層を作ります。
                     
              
This is a double satin weave. Satin is originally a very soft weave. The double weave makes it even softer. Also there is air inside.
こちらは、朱子織り、サテンとも言いますが、それの二重織りです。サテンはもともと非常に柔らかな織り方です。それを二重構造にしてるので、さらに柔らかくなっています。中には空気が入っています。 
               
                        
It's a little hard to see, but this is the part where the device to weave weft yarns densely is activated, called "winding stop". The difference in shrinkage between the densely woven part and the non-densely woven part is used to create fine wrinkles and a three-dimensional effect. This area is also based on satin.
少しわかりにくいですが、ここには”巻き取り停止”、通常ストップと言って、部分的にヨコ糸を密に織り込む装置を起動させて織った部分です。密になった部分とそうでない部分の収縮差を利用して細かなシワを発生させ、立体感を演出しています。ここもサテンがベースです。
        
             
Next, let's talk about the materials used.
次は、使われている材料についてです。
            
                         
The warp is made of cotton. And it is processed by the TZ acidic enzyme method to make it white and water absorbent.
The TZ acidic enzyme process is a human- and environment-friendly process that involves scouring and bleaching with natural enzymes and acids of the level used for cooking.
タテ糸は、綿です。それにTZ酸性酵素法による加工を施して白くて吸水力のある糸にしています。
TZ酸性酵素法とは、料理に使用する程度の酸と天然の酵素で精練、漂白を行う、
人体や環境にやさしい加工です。
          
                        
A human hair is said to be about 50 denier (a unit of thread thickness), so we can say that this cotton thread is roughly the thickness of two hairs.
髪の毛は約50デニール(糸の太さの単位)と言われているので、この綿糸はおおよそ髪の毛2本分の太さだと思ってください。
           
                        
About weft yarn.
こちらが、ヨコ糸です。
The weft is made of yarn spun from flax grown in Europe. Although flax can be grown in Japan, the climate and terroir of Europe seem to be more suitable for extracting its fibers.
ヨコ糸は、ヨーローッパ産のフラックスを原料に紡績された糸を使用しています。フラックス(flax、亜麻)は、日本でも栽培できますが、その繊維を取り出すには、ヨーロッパの気候と風土が適しているようです。
       
                        
Flax growing in a small flower bed of our factory at the foot of Mount Fuji
富士山の麓にある弊社工場の小さな花壇で育ったフラックス
    
Then, about Jacquard.
This is a special device used in textile making. It can be used to weave a variety of patterns. The patterns on this blanket and the various double weaves mentioned above were made on a loom equipped with this device.     
そして、ジャカードのことについて少々。
ジャカードとは織物作りに使う特殊装置のことです。これを使うと様々な文様を織り込むことができます。このブランケットの模様や上述した各種の二重織りはこの装置が設置された織り機で作られました。
This is "Jacquard".
これがジャカードです。
    
    
The bottom side looks like this. The strings you see are not warp threads. It is a string used to raise and lower the warp. There are specialized craftsmen to install them. 
下から見るとこんな感じです。見えている紐は経糸ではありません。経糸を上げ下げするための紐です。これを設置するための専門の職人さんもいます。
  
Finishing by human hands 
人の手で仕上げる
Up to this point, we have been looking at processes that are performed rather by machines. The cloth made by running machines is always turned into a finished product by human hands in order to make it into a product. This is the case with all Teniin-factory's products. 
ここまでは、どちらかというと機械が行う工程を見てきました。機械を動かして作った布は、それを製品に仕立てるためには、必ず人の手によって完成品となります。テンジンファクトリーの製品は全てそうです。
Each step of the process, from cutting, sewing, washing, brushing, ironing, to the final inspection, is always done by hand and with the eyes.
裁断をはじめ、縫製、製品洗い、ブラッシング、アイロンがけ、そして最後の検品作業に至る各工程は必ず人が手と目を使って行っています。
  
  
Finally, a piece of linen in the daily routine.
最後に、日常の中のリネンの一コマ。   
  
   
    
    
    
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's "Jacquard Double Gauze Blanket" will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「ジャカードダブルガーゼブランケット」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらへ。
Read more