THE ROUTINE LINEN ( 8 )<p>日常のリネン ( 8 )</p>

THE ROUTINE LINEN ( 8 )

日常のリネン ( 8 )


“Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

   

THE LINEN SHEETS MADE TO ORDER

カスタムオーダーのリネンシーツ

 Now, we would like to introduce our linen sheets. The most pleasant thing about linen is its texture. It is smooth and does not cling to the skin. I think it is the best material for the sweaty summer season. The secret is derived from the flax plant. 

さて、今回はリネンのシーツをご紹介致します。リネンの気持ち良さは何といってもその肌触り。サラッとしていて肌にまとわりつかないところではないでしょうか。夏場の汗ばむ時期には、最高の素材だと思います。その秘密は、亜麻という植物に由来しています。

This is the flax flower.

これが亜麻の花です。英語ではFlaxフラックスと言います。

https://cdn.shopify.com/videos/c/o/v/0807ada90446488ba20621c9fa695399.mp4

Flax for fiber grows taller than a person's waist length. And it grows straight up to the sky. No wonder it makes beautiful yarn.

繊維用の亜麻は人の腰丈より大きくなります。そして、天に向かって真っすぐ伸びます。綺麗な糸になるのも納得です。

  https://cdn.shopify.com/videos/c/o/v/3ae9c015113145499927749d8f675fb7.mp4

 

THE PLANT YARN

植物の糸    

Linen yarn is made from the fiber inside the stem of this plant. Because it is located inside the stem, the outer bark of the stem must first be removed. Since this cannot be done by our hands, the harvested flax is laid down in the field and allowed to decompose by bacteria and fungi to extract the fiber from within.

リネンはこの植物の靭皮(ジンピ)を糸にしたものです。 靭皮は茎の表皮の内側の組織で通常は繊維と呼ばれる部分です。茎の内側にあるので、先ず、茎の表皮を取り除かなければなりません。人間の手作業ではどうにもならないので、自然界の力を借ります。

      

Flax after dew retting

レッティング後の亜麻

  

 

Dew retting is a process in which flax is laid out neatly in the growing area and the epidermis of the stalks is fermented and corroded by morning dew, rain, and microorganisms in the soil. This makes it easier to extract the fiber.

レッティングは亜麻を栽培地に綺麗に並べて朝露や雨、そして土壌中の微生物の力で茎の表皮を発酵腐蝕させる工程です。これによって靭皮が取り出しやすくなります。

  

And this is the bundle of fibers taken out from the stem, which is called sliver.This sliver was imported from Belgium. By the way, the process up to this point is called flax. Therefore, the process after this is called linen.

そして、これが茎から靭皮(繊維)を取り出して束にしたもので、スライバーと言います。ちなみに、このスライバーはベルギーから取り寄せました。また、この状態までをフラックスと言うそうです。したがって、この後の工程からが、リネンという呼称になります。

 

Thus, a plant yarn, linen, is produced.

こうして、植物の糸、リネンが出来ます。

   

    

You can see that the raw color of linen is the color of the dead grass of the plant. The white ones are exposed to it.

リネンの生成りが植物の枯草の色ということがわかります。白いものはそれを晒しているのです。

  

 COEXISTENCE WITH PLANTS

植物との共生

At Tenjin-factory, we make sheets using linen, which is such a plant yarn.

テンジンファクトリーでは、このような植物糸リネンでシーツをお作りしています。

   

 First, let me explain the advantages of textiles made from vegetable yarn linen.

(1) Breathable

(2) Lint-free (Lint : fiber waste or dust)

(3) High water absorbency

(4) High moisture absorbency

(5) Quick-drying 

先ず、植物糸リネンで作る織物のメリットをご説明します。

①通気性がよい
②リントフリーである(Lint : 繊維の屑や埃)
③吸水性が高い
④吸湿性が高い
⑤速乾性がある

   

There are the characteristics of linen sheets below.

以上のことをリネン製のシーツの特徴とするとこうなります。


I. The easy wrinkling of linen sheets allows for better ventilation and quick drying of perspiration during sleep.

II. Dust and debris from linen fibers are known not to cause skin allergies.

III. IV. Absorption of water and moisture makes it cool to the touch.

V. Moisture easily evaporates, and when it does, it takes away heat, making it less susceptible to dampness.

リネンのシーツは、

Ⅰ.シワが出来やすいことで、その分通気性がよくなり、就眠中の汗などをすばやく乾かすことができる。
Ⅱ.リネン繊維の埃や屑は皮膚アレルギーを起こさないことがわっかている。
Ⅲ.Ⅳ.吸水、吸湿した水分によって触れた時にヒンヤリする
Ⅴ.水分を蒸散するのが早く、気化熱となって放熱作用が起こるのでムレない。

  

In other words, linen sheets offer various invisible conveniences to suit the condition of the sleeper.

つまり、寝る人の状態に合わせていろいろと目には見えないところで便宜を図ってくれている、それが、リネンシーツの特徴ではないでしょうか?

  

DETAIL

詳細  

Here is what Tenjin-factory's sheets are like.

ここからはテンジンファクトリーのシーツはどのようなものかをご紹介いたします。

First of all, since it is made to order, it is made according to the thickness of your mattress. We can accommodate various mattress thicknesses.

先ず、セミオーダーなので、マットレスの厚みに合わせてお作りします。敷布団の厚みから様々なマットレスの厚みに対応いたします。

  

Next, select the fabric for the top surface, the part where people actually sleep. This part is easily rubbed by friction with people, and even strong linen can quickly tear and develop holes depending on how it is used.  

次に、トップ面という実際に人が寝る部分の生地を選びます。この部分は、人との摩擦で擦れやすく、丈夫なリネンといえども使い方次第ではすぐに破れて穴が開いてしまいます。  

Therefore, Tenjin-factory used a two-twisted yarn for this part to increase the durability as much as possible, and also increased the density to make it stronger. It is as if strong rugger men were huddled together in a scrum.

そこで、テンジンファクトリーでは、少しでも耐久性を上げるために、この部分に双糸(そうし)という2本撚りの糸を使い、しかも密度を多くして、強度高めました。まるで、屈強なラガーマンが身を寄せ合ってスクラムを組んでいるような状態です。

      

The top surface is selected from the four colors above.

トップ面は上の4色から選びます。

    

Continue by selecting the fabric that covers two side surfaces of the mattress. Since friction is not a concern here,  a thin type of fabric is used. This will also reduce the weight of the mattress.

続けて、サイド面というマットレスの側面にあたる生地を選びます。ここは、摩擦は気にならないので、レギュラータイプの生地を使います。軽量化にもなりますので。

  

Side surfaces are available in the 20 colors listed above.

サイド面は上の20色から選びます。

 Here is the example of combinations. 

組み合わせ例です。 

   

  

So, it is the sewing method that is of concern. In single to double sizes, the top surface is
made from a single piece of fabric. However, for queen and king sizes, the top surface is made from two pieces of fabric sewn together.

そこで、気になる縫い合わせ方ですが、シングル~ダブルサイズは、

トップ面上に縫い目は入りません。サイド面とマットレスの両端で縫い合わせるだけです。 

   

 Single to double sizes are made with a single piece of fabric for the top surface. 

 シングル~ダブルサイズはトップ面は1枚布で作ります。

  

  

   

The top surfaces of the queen and king sizes are two pieces sewn together.

クイーンサイズとキングサイズのトップ面は2枚を縫い合わせます。

We use a sewing method that minimizes the steps.

段差を最小限に小さくする縫い方をしています。

 

All sizes can be made in two types: flat sheets and fitted sheets. 

どのサイズもフラットシーツとボックスシーツの二つのタイプでお作りできます。

     

NOSTALGIC CLOTH

懐かしい布

Finally, we are talking about fabric making. Tenjin-factory is a linen weaving factory, so our focus is on the fabric itself.

最後に、生地作りのことです。テンジンファクトリーはリネンの織物工場が作るリネン製品です。なので、一番のこだわりはそこに使われている生地です。

And our fabrics are woven by shuttle looms. Although they are old-fashioned, the cloth have the same selvedge specifications as antique linen, making it durable and long-lasting.

そして、その生地はシャトル織機で織られています。昔ながらの旧式の織り機ですが、アンティークリネンと同じセルビッチ仕様のこの布は、丈夫で、長く使えるものになります。

The weft is placed in a tool called a shuttle. The shuttle runs through the warp and places the weft. Whenever the weft runs out, it is replenished by hand. It is a joint effort by man and machine.

シャトルという道具に搭載されたヨコ糸。このシャトルがタテ糸の中を走りながらヨコ糸を置いていく。ヨコ糸が無くなると必ず人の手で補充する様子は人馬一体ならぬ、人機一体と言えます。

Both ends of a fabric is called selvage or selvedge. Except for hand weaving, it can only be made by an old-fashioned shuttle loom. The charm of cloth woven by this loom is that it can be woven without putting a load on the threads, resulting in cloth that retains more softness.

セルビッチという織物の両端は、日本語では耳と言います。手織りを除いては、昔ながらのシャトル織機でしか作れません。糸に負荷をかけずに織ることが出来るので、素材の質感をより多く残した布になるのもこの織機で織られた布の魅力です。

   

  

Finally, a piece of linen in the daily routine.
それでは最後に日常のリネンの一コマ。
  
  
  
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's " Custom made linen sheets " will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「リネンシーツ」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    

  

  

Click here for other made to order products. 

その他のカスタムオーダー品はこちらから。 

Comfortercase/かけ布団カバー

Pillow&Cushion Cover/ピローケース&クッションカバー

Linen Curtain/リネンカーテン

 

Older Post

RSS