Placemat_Gunnai-jima

ランチョンマット_郡内縞

¥2,200(税込)
Unit price per
Pattern&Color
Choose a color
Komochi-jima x Black
Komochi-jima x Red
Taki-jima x Black
Taki-jima x Natural
Yatara-jima x Brown
Yatara-jima x Natural
Quantity

Southeastern Yamanashi prefecture in Japan that contains Mt.Fuji and Fuji Five lakes was previously called “Gunnai”.There is a textile production center which has a history of over 1,000 years. 

What is “GUNNAI-JIMA”?
From Edo to the early days of the Showa era fabrics made from silk woven there, used for linings of Japanese half coats,were called “Gunnai-jima”or “Gunnai-ori”. It was used to be very popular as beautiful linings.

LINEN IS A GROWING CLOTH
Linen becomes supple through handling. Linen has the ability to rapidly absorb and lose liquid.And also linen has thermal function to be effective. Please enjoy handling your linen cloth better. It’ll gain elegance and softens to behold the most fluid drape.

|Material |

100%Linen

|Size |

ーPlacemat : W19.7"(50cm) x L14.2"(36cm)  

|How to care |

・Cold Machine Wash・Mild Detergent・Do Not Use Fabric Softener・Do Not Bleach・Do Not Tumble Dry ・Wash Separately・Line Dry in Shade

|Made in Japan |

We can ship to world wide from Japan. However, in some cases there are some countries and regions that we cannot ship to.

富士山の北面眼下に広がる一帯を古来から「郡内」(ぐんない)と呼びます。富士に降る雪や雨は地下水となり数十年の歳月をかけて麓の町に届きます。その豊富で清廉な水は、この地を千年続く絹織物の産地にしました。未だ日本に洋服が入って来ていない時代、郡内の織物は「郡内縞」や「甲斐絹」の愛称で親しまれ、主に羽織りの裏地に使われていました。その後、洋服の時代の訪れと共に、郡内縞は作られなくなりました。しかし、その技術は継承され、現代の織物作りに活かされています。
弊社は山梨県にアーカイブされている古い郡内縞コレクションを参考に、リネンでキッチンクロス、ランチョンマット、ハンカチを作りました。当時を忍ばせる色使が、返って新鮮に映ります。
リネンは使ってこそ、その真価を発揮します。是非、日常の中で長い付き合いの相棒としてお使いください。

育てるン布、リネン

リネンは丈夫な布なので、繰り返し洗って使い続けることで、繊維が柔らかくなりその風合いは、新品のころとは全く違ったものに変化していきます。これを私たちは布を育てると言います。これこそががリネンを使う最大の魅力です。

  • リネン100%
  • サイズ

     ーランチョンマット:幅50cm x 長36cm

  • 家庭洗濯可(ただし、洗濯表示に従ってください)
  • 日本製