THE ROUTINE LINEN ( 2 )<p>日常のリネン ( 2 )</p>

THE ROUTINE LINEN ( 2 )

日常のリネン ( 2 )


 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

   

This time, I would like to introduce a linen tablecloth. Your favorite table can be used comfortably as it is, but sometimes a tablecloth can change the atmosphere of the place as if a person dressed in formal clothes. It would be wonderful if we could change the tablecloth as we change our clothes.   

さて、今回は、リネンのテーブルクロスのご紹介です。お気に入りのテーブルはそのままでも心地よく使えますが、時折、テーブルクロスを纏うと人が正装をしたようにガラッとその場の雰囲気が変わることがあります。服を着替えるようにテーブルクロスも着替えられたら素敵ですね。

  

  

  

   

This tablecloth features a pattern woven like a picture frame. The four sides are surrounded by stripes like the frame of a painting.   

こちらのテーブルクロスは、柄が額縁に織り上げているのが特徴です。絵画の額のように四辺をストライプで囲っています。

   

Let's take a look at the details. When we weave the cloth, we join all the pieces together, so they are connected as shown in the picture. The thin line in the middle is used to cut each piece into pieces.   

細部を見てみましょう。布を織る時には、全部繋げて織っていますので、写真のようにつなっがています。真ん中の細い線で1枚ずつに切り分けています。

  

      

Cut with scissors here.

ここでハサミで切ります。

  

    

Next, let's look at how this is woven in succession. The white cylindrical object with a hole in the upper left corner is called a dobby paper, which is mainly used to instruct the warp to be raised and lowered, but it can also be used to instruct the weft to be woven in.

 次に、これをどうやって連続して織っているのかを見てみましょう。左上の白い穴の開いた筒状の物体は、ドビーペーパーと言って主にタテ糸の上げ下げを指示しますが、他にヨコ糸の織り込む順番も指示ができます。

  

  

When the wooden boards are pulled up, the warp threads, which are interlocked with them, are also pulled up. 

木の板を引き上げるとタテ糸が持ち上げられます。 

  

  

 It is interlocked with the warp like this.

こんな感じで経糸と連動しています。

  

  

By the way, the dobby paper looks like this when you look at it up close.  

さて、ドビーペーパーですが、近くで見るとこんな感じになっています。

  

 

One row of squares surrounded by the red and black lines is equivalent to two weft threads. These holes are drilled by hand, row by row, although a special machine is used. For regular cloth, use a tube about this size.

これを使って布を織るのですが、赤線と黒線で囲われているマス目の1列分がヨコ糸の2本分に相当します。この穴は、専用の機械を使いますが、一列ずつ手作業で開けます。普通の布は、このくらいの大きさの筒を使います。

 

    

This is the size that we will use for this picture frame type. You can see that it takes a lot of time and effort.  

  今回の額縁タイプに使うのは、この大きさになっています。職人の労力が忍ばれます。

 

    

  

This can be used to make a picture frame pattern cloth. 

これを織機に設置して織り上げるとこ額縁の柄になります。

  

   

Finally, a piece of linen in the daily routine.
最後に、日常の中のリネンの一コマ。   
  
   
    
    
    
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's "Linen Tablecloth" will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「リネンテーブルクロス」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらへ。

 

Older Post

RSS