THE ROUTINE LINEN ( 3 )<p>日常のリネン ( 3 )</p>

THE ROUTINE LINEN ( 3 )

日常のリネン ( 3 )


 “Life is but a tissue of habits.”

— Henri-Frédéric Amiel

If we believe that, we can change our life by changing our habits. And I think that good habits are about having a good routine in our daily life. In this blog, I would like to introduce our products as things to accompany such a good daily routine. 

”人生は習慣の織物である”ーアンリ・フレデリック・アミエル

そう信じれば、習慣を変えることで人生が変わるはずです。そして、よい習慣は日常によいルーティンを持つことだと思います。このブログでは、そのようなよいルーティンに寄り添うためのモノとして、弊社の製品を適宜ご紹介しよう思います。

 

Good-sized Blanket 

ハーフブランケット

 I think everyone has had the experience of sitting on a chair or sofa and only your feet are cold. If you are reading or eating, you can't concentrate because of the coldness of your feet. At such times, just having a blanket can be very helpful. In this article, I would like to introduce a blanket that can keep you warm easily.
椅子やソファに腰かけていて足元だけが寒いという経験は誰もが持っていると思います。読書をしていたり、食事をしていたら、足元の寒さが気になって集中できません。そのような時にブランケットが1枚あるだけで大変助かります。今回は、そんな手軽に暖をとれるブランケットをご紹介します。
 
   
Good-sized  
ちょうどいいサイズ
 
First of all, the size is 130cm wide and 140cm tall. When you are sitting on a chair, it completely covers you from the waist to the feet.
先ず、サイズはよこ130cm、たて140cmです。椅子に腰かけた状態ですっぽりと腰から足元までを包み込むサイズになっています。
   
      
Lamb's wool, a delicate wool 
繊細な羊毛のラムウール
   
Now let's talk about the materials.
それでは、素材のことについて。
The lambs wool used in this blanket is from lambs raised in Australia and spun in Japan. The delicate yarn of the child's wool takes in more air, and the air trapped in the blanket is warmed by our body heat, and that warmth envelops us completely. Thanks to the blanket, we can have a comfortable time.
このブランケットに使われているラムウールは、オーストラリアで育てられた子羊の羊毛を日本で紡績したものです。子供の毛ならではの繊細な糸がより多くの空気を取り込み、ブランケットに閉じ込めれれた空気は我々の体温で温められ、そしてその暖気が身体をすっぽり包み込みます。ブランケットがあるおかげで、快適に過ごせる時間があるということですね。
    
   
Weaving patterns into fabric 
布に文様を織り込む
    
 Let's take a look at the details right away. This blanket is woven with Jacquard weave. In a nutshell, jacquard weaving is a technique of drawing patterns by changing the weave. 
早速、細部について見ていきましょう。このブランケットはジャカード織りで織られています。ジャカード織りというのは、一言でいうと「織りの変化で文様を描く技法」です。
There are many strings hanging from the top, which is a piece of jacquard device.
上部からたくさんの紐が吊るされていますが、これはジャカードの装置の一部分です。
  
This time, we used this jacquard to create a mosaic-like pattern.
今回は、このジャカードで、モザイク調の柄を作りました。
   
  
 
Now, let me briefly explain how this is made. For Jacquard weaving, a design document is required. This is called a pattern paper. In the past, it was really made of paper, but now it is digital data. The movement of the warp threads up and down and the order in which the weft threads are woven in are converted into data.
さて、これがどのようにして作られているのかを簡単に解説します。ジャカード織りには設計書が必要になります。これを紋紙と呼びます。昔は本当に紙を使っていましたが、現在はデジタルのデータになっています。タテ糸の上げ下げの動きやよこ糸を織り込む順番などがデータ化されます。
The design is created in bitmap format, so if you try to draw a circle, the edge will be jagged. However, when it is woven, it looks round, which is strange. The above is the edge of the blanket, which looks like a rope.
ビットマップ型式で図案を作成するので、円を描こうとすると淵がギザギザになってしまいます。しかし、織物になるとちゃんと丸く見えるので不思議です。上記はブランケットになると端部分の縄状に見える箇所になります。
  
  
Here is the next data.
次のデータはこちらです。
When it comes to the actual fabric,
実際に織物になると、
It is the large area in the image above. Can you see the waffle weave? It is a double-weave waffle. The inside is hollow, which allows air to be stored, regulating the natural temperature.
上画像の大きな面積の部分です。ワッフル織りとわかるでしょか?二重織りのワッフルになっています。内部は中空で、空気をためることができ、自然な温度調整をします。
   
 
The next data is here.
次のデータはこちら。 
When it comes to the actual fabric,
織物になると、
Compared to the data, You must have the impression that there are more warp threads. This is fun of textiles. There is a slight gap between the image in the data and the reality. This is also a double weave, so air is stored inside.
データに比べると、タテ糸が多く出ている印象ですね。これが、織物の奥深さです。データでのイメージと実際とに多少のギャップが生まれます。ここも二重織りなので、内部に空気をため込みます。
 
 
In addition, the following.
さらに、次です。
When it comes to the actual fabric, 
織物は、
It looks completely different from the data. This is a plain weave, double-layered structure. The inside is also hollow here.
見た目は、データと全然違います。これは平織りの二重組織です。ここも内部は中空です。
   
   
I hope you have understood why Jacquard weaving is a technique to draw patterns by changing the weave. 
以上、ジャカード織りが織りの変化で文様を描く技法である所以がご理解いただけたでしょうか?
   
   
Natural temperature control is the most comfortable. 
自然な温度調節が一番心地よい
  
This blanket uses delicate lambswool as the weft yarn, and a hollow layer is created by jacquard weaving. The warmth of the wool and the natural temperature regulation of the hollow layer will keep you warm.
 このブランケットは、繊細なラムウールをよこ糸に使用して、ジャカード織りで中空層を作っています。ウールの持つ保温性と中空層のよる自然な温度調節が、身体を温めます。
Depending on the combination of weave structure and material, the unevenness of each part differs, and the shade appears clearly on the cloth. This is one of the charms of Jacquard weaving.
織り方(組織)と素材の組み合わせによって各部分の凹凸の出方が異なり、布に陰影がハッキリと現れる。これが、ジャカード織りの魅力の一つ。
  
  

Finally, a piece of linen in the daily routine.

それでは最後に日常のリネンの一コマ。

  
  
That's all for now. Thank you for reading until the end. We hope that Tenjin Factory's "Good-sized Blanket" will be useful to you. We will continue to communicate the appeal of linen products that are close to your daily lives.
ザーッと駆け足でしたが、今回はこれで以上となります。最後までお付き合いいただきありがとうございました。テンジンファクトリーの「ハーフブランケット」が皆様のお役に立てれば幸いです。これからも日常の暮らしに寄り添うリネン製品の魅力を発信していきますので、よろしくお願いします。
   
    
For more information about the products in this article
この記事の製品についての詳細はこちらへ。

Older Post

RSS